【ライブレポート】0.1gの誤算、河村友雪のバースデーワンマン「俺らはバンドに命懸けてんだよ!」

ツイート

8月2日、渋谷近未来会館にて、0.1gの誤算の河村友雪(G)のバースデーワンマンが行われた。3月末に6周年を迎え、6daysワンマンやベストアルバムのリリースを行うなど、勢いを失わない0.1gの誤算。今日も、2021年末にオープンしたばかりの箱、渋谷近未来会館を多くのファンとともに盛大に賑わせた。

◆ライブ写真

SEにのせて「さぁ、河村バースデーだ。今年は全員でライブができるぞ、お前ら。おめでとう、友雪くん!」と、緑川裕宇(Vo)の声からライブがスタート。「アストライアの入滅」からダークに始まったステージに「誤算節」「灼熱する轟音の旋律と毛根に捧げる鎮魂歌〜レクイエム〜」と続け、会場をヒートアップさせていく。


「今日は新しいライブハウス。このライブハウス史上一番やべぇライブしなきゃいけないんじゃないの!?ついてこれますか」と、気合い十分。モッシュから始まった「NEVER ENDING」では、力強くも伸びやかに歌い上げる。「安心しましたよ。全員で今日はライブをやれてます」と緑川裕宇がMCで言うと、会場からも温かい拍手が送られた。

新曲「噓とシアン」は、0.1gの誤算の楽曲の幅の広さを証明するムーディーなナンバー。これを筆頭に「プラチナ」「【S】0723【終焉】」と、ライブ中盤は多彩な楽曲群で彩られた。

メンバー同士の仲の良さが伝わる楽しいMCを挟み、後半戦は「Desire」から演奏を再開。頭に残りやすいメロディ、青春を感じる曲もばっちり似合ってしまうから0.1gの誤算は面白い。久しくライブで披露されていなかったが、アンコールで演奏された「プロミスイヴ」もそう。ライブで存分に暴れられる激しい曲はもちろん0.1gの誤算の大きな武器だが、しっかりと聴かせる曲は特に年々深みが増している気がしてならない。自分たちの音楽を貫いてきたバンドならではの魅力だ。


さらに、この日のアンコール冒頭ではレアな場面も。現在放送中のドラマ『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』にヴィジュアル系バンドのドラマー役として出演した緑川裕宇。そんなホットなニュースを携え、緑川がドラマと同じ衣装で一人ステージに戻ってくると、煽りを入れながらドラミングを披露した。


メンバーが全員ステージに揃い、アンコールの演奏がスタートすると「プロミスイヴ」の曲中に「3年振りぐらいかな。最高の河村友雪バースデーになりました」と、緑川裕宇。その言葉通り、最高にハッピーな空気に包まれた。一転「2008年高田馬場AREA」「利己的メルヘン症候群」では、ファンが激しく頭を振り乱すなか、河村友雪が上手でステージから身を乗り出すようにギターを掻き鳴らすなど、クライマックスへ向かって会場が熱狂。

「この声が届くまで…」では、緑川裕宇と河村友雪が肩を並べ寄り添ったり、ステージ中央にメンバーがぎゅっと集まり、今日一番の笑顔を咲かせたりと、熱風と爽やかな風が入り混じるステージだった。


「去年の今頃、『来年はあるのかな。俺はステージに上がってるんだろうか』って、未来が見えてない感じだった。昨年の今日、メンバーがコロナになってステージに全員が揃わなかったことも余計にそういう気持ちを加速させて。初めて『誤算、終わっていくんじゃないか。ずっと続いていく保証はねぇな』って感じたし、それと同時に『ここで変わらないといけない』って思った。そこから1年経って、やっとチケットも売れるようになってきて、今はめちゃくちゃ調子良いよ。でも、だからこそここで満足しないよう、ちゃんと地に足をつけて冷静に考えて行動してる。今、『来年ちゃんとライブしてますか』って自分の胸に訊いたら『来年もやってる』って確信できる。だから、これからの誤算まだまだ楽しみにしていてください」と緑川裕宇。

さらに「コロナとかで色んな制限が掛かったとしても、自分の好きなように生きろよ。自分の人生、正直に生きろよ、お前ら。俺たちとバンドしようぜ!!」と、熱い言葉を届けた。


本日の主役である河村友雪から「俺らはバンドに命懸けてんだよ!お前らの魂を俺たちに預けてくれ。これからも魂と魂で殴り合いの喧嘩しようぜ。聞いてくれ、『21gの感傷』!」と、これまた熱すぎるタイトルコールが入り、ラストへ。

毎回思うことだが、0.1gの誤算のラストナンバーの盛り上がり方は、他のバンドでは簡単に真似することができないほど。今日は河村友雪のバースデーライブだが、アンコールでのMCといい、単純に誕生日を祝うだけでなく、今後の0.1gの誤算の更なる可能性を示唆するライブだったという点においても、非常に印象的だった。


ちょうど一カ月後の9月2日、次は緑川裕宇のバースデーワンマンが決定している。不安な気持ちを乗り越えて、来年も、再来年も、この先ずっとステージに立ち続ける確信を得たバンドは、こんなにも強く頼もしい。

写真◎上野宏幸 (株式会社LINKSOLU)
文◎藤代冬馬

SET LIST

1.アストライアの入滅
2.誤算節
3.灼熱する轟音の旋律と毛根に捧げる鎮魂歌〜レクイエム〜
4.NEVER ENDING
5.噓とシアン
6.プラチナ
7.【S】0723【終焉】
8.VITAL
9.【K】0626【渇望】
10.Desire
11.フルニトラゼパム
12.Act of rebellion〜支配ト破壊ノ血印〜

EN
13.プロミスイヴ
14.2008年高田馬場AREA
15.利己的メルヘン症候群
16.この声が届くまで…
17.21gの感傷

ライブ情報

<2022夏ツアー!誤算の夏よ!復活せよ!!>
8/6 (土) @大阪RUIDO (やんちゃなチャラ甚平day)
8/13 (土) @HOLIDAY NEXT NAGOYA (はんなり全員女形浴衣day)
8/28 (日) @池袋Black Hole (漢の神輿、テキ屋卍day)

<FC限定名阪ツアー 【タイムリープofドマイナー】>
8/7 (日) @大阪RUIDO
8/14(日) @HOLIDAY NEXT NAGOYA

<生存者VS新世代>
8/27(土) @池袋Black Hole
一部 -初心者のための優しいわんまん-
二部 -古株よ立ち上がれ!同窓会じゃ!-

<緑川裕宇Birthday 「俺が時代を切り開く-先導者に祈りを捧げよ-」>
9/2(金) @渋谷WWWX

<渋谷WWW X完売記念 緑川バースデー後夜祭 「絶対プリティ生命体・改-15kgの誤算-」>
9/3(土) @池袋Black Hole 

<0.1gの誤算 Presens 【連続異種格闘技戦企画】>
7/15 (金) -第1試合- 0.1gの誤算 vs LEIWAN O.A EMPATHY
9/9 (金) -第2試合- @新宿WALLY 0.1gの誤算 vs プランクスターズ O.A MIRAI????FLEET
9/16 (金) -第3試合- 0.1gの誤算 vs AIBECK O.A MIRAI????FLEET
全公演 @新宿WALLY

<MIRAI☆FLEET Presents 滅私咆哮-初陣->
9/12(月) @新宿WALLY

◆0.1gの誤算 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報