レヴ・アンプリフィケーション、20W&4Wが切替え可能なオールチューブのランチボックス・ギター・アンプヘッドD20が登場

ツイート

アンプ&エフェクター・ブランドのレヴ・アンプリフィケーションが、小規模ライヴ、自宅練習、デスクトップ・レコーディングまで幅広く使用できるオール・チューブ・ギター・アンプヘッドD20を発売した。

D20は、軽量コンパクトの筐体にクリーンからクランチ・トーンに重きを置いた、いわゆるペダル・プラットフォーム・アンプ。4W/20Wの切替え可能な出力を備える。フロント・パネルにはゲイン、トレブル、ミドル、ベース、ヴォリュームと非常にわかりやすいシンプルなコントロールを配置しており、背面にはエフェクト・ループも装備。プリ真空管に12AX7を2本、パワー真空管に6V6を2本使用した伝統的なオール・チューブ・ギター・アンプながら、デジタル・レコーディングにも対応した拡張性を備えている。

好みの外部スピーカー・キャビネットに接続して使用できるほか、スピーカー出力を使用せず、バランスXLR出力端子を使用してミキサーやインターフェイスへのダイレクト出力が可能。バランスXLRからの出力では、6パターンのTwo notes Torpedoヴァーチャル・キャビネットを利用することができ、DTMにも便利。USB端子を利用してPCなどへ接続すれば、Two notesのTorpedo Remoteソフトウェアを用いることが可能になり、EQのコントロールやリヴァーブ空間の選択、キャビネット・シミュレーターやマイク・シミュレーターを利用した緻密なサウンド・メイキングが実現する。さらに同ソフトウェアとMIDI端子を使用してセッティングをすることで、MIDIコントローラーでヴァーチャル・キャビネットなどのユーザー設定を増やしたり、プログラム・チェンジを行うこともできる。ブラック、ホワイト、シェル・ピンクの3カラーをラインナップ。



製品情報

■出力(Peak): <4Wスイッチ選択時> 10W@4Ω、5W@8Ω
<20Wスイッチ選択時>50W@4Ω、25W@8Ω
■出力(RMS): <4Wスイッチ選択時>2.4W@4Ω、2.6W@8Ω
<20Wスイッチ選択時>23W@4Ω、22.4W@8Ω
 ※「270mVインプットシグナル, 1kHz, 全てのコントロールを12時の位置,ボリューム最大」での計測
■使用真空管: 12AX7×2, 6V6×2
■コントロール: [Front Panel] Gain (Pull - Boost), Treble, Middle, Bass, Volume,20W/4W Switch, Pre/Post Switch, Level, Virtual Cabinet, Standby Switch,ON/OFF Switch [Rear Panel] Ground/Lift Switch, Inpedance(8Ω/4Ω) Switch,Internal Load/Speaker Switch
■入出力端子: [Front Panel] Input, Headphone Out [Rear Panel] Power Input,Cabinet Lightning, MIDI IN, USB, Bias Test, XLR Balanced Output, FX loop (Send,Return), Speaker(1/4”)
■トーン・コントロール・レンジ: [Bass] ±15dB @110Hz, [Midrange] ±9.6dB@550Hz,[Treble] ±19dB @10kHz
■S/N比: 37dB(標準)
■対応電源: 100VAC, 50/60Hz
■サイズ: H168 × W308 × D165mm (突起物含む、ハンドルは折りたたみ状態での高さ)
■重量: 約3.8kg
この記事をツイート

この記事の関連情報