【ライブレポート】ちょこらび、1年ぶりの有観客ツアー開幕「この景色を待ちわびた」

ツイート

6人組の歌い手グループ・ちょこらびが、新たなスタートを切った。8月1日、6都市を回るツアー<Re:START Tour>が幕を上げたのである。本稿では黄色担当・かにちゃん、ピンク担当・さくらくん。、オレンジ担当・ふぇにくろ、青色担当・ポケカメン、赤色担当・まいたけ、紫色担当・ゆぺくん☆★の6人で行なった約1年ぶりの有観客ライブ初日、8月1日昼公演の様子をレポートする。

◆ライブ写真

オープニングの紹介VTRに合わせてステージに姿を表した6人。黒を基調に担当カラーがあしらわれた新衣装に公式Twitterでも公開されていた“最強マイク”を持って登場すると、「夏祭り」のカバーでライブがスタート。「東京公演初日、盛り上がっていくぞ!」というポケカメンのシャウトで、銀テープが会場を覆い尽くす。あっという間にリスナーを熱狂させた6人は、「チョコチョコ☆ラビッツレボリューション」、ニューアルバム『チョコレートウォーズ』収録曲の「ラビラビ☆フィーバー」とアッパーチューンでさらに会場を煽っていく。「盛り上がってますか! ツアーは始まったばかりですが一緒に夏を駆け抜けていきましょう!」というふぇにくろの言葉に、ペンライトが大きく揺れていた。



一気に3曲披露した後のMCでは改めての自己紹介後、水分補給をして小休止。有観客ライブの楽しさを口々に語るメンバーたちの姿が印象的だ。グッズのマラカスライトの音色を噛み締めたり、新衣装の紹介をしたりしつつ、次の曲へ。同日にリリースされた3rdアルバム『チョコレートウォーズ』の中から、ツアータイトルにもなっている「Re:START」が飛び出す。わちゃわちゃと楽しそうに盛り上がった後は、自己紹介ラップ「Cyber×Trick×Evolution」。あまりの盛り上がりぶりに、声が出せないのがもどかしい。「次はタオルを使う曲です。タオルがない人はタオル以外を回していきましょう」、「タオルを2つ折りにするのがオススメ」とサジェストすると、「推し事BOYS&GIRLS」へ。ステージもお立ち台も余すところなく使い、所狭しと全力でパフォーマンスしていく。


ここでステージに残ったのは、かにちゃん、さくらくん。、ゆぺくん☆★の“らび軍”の面々。「らび軍といえばアルバムに収録されている超絶かわいい、バズってるあの曲。ジャスティン・ビーバーが今度カバーさせてくれって言ってた」(ゆぺくん☆★談)という曲振りで、「うさみみじゃんぷ!!」へ。曲振りの通りにかわいいパフォーマンスを見せた後は、雰囲気が一転。ふぇにくろ×まいたけのクールな楽曲「デスゲーム」へと続く。その後もかにちゃん×ゆぺくん☆★の爽やかな「サイダーのような恋がはじまる。」、さくらくん。×ポケカメンの2人をテーマにした「凸凹大乱闘」とユニット曲で、リスナーたちを笑顔にした。



「次はファンサ曲なので、全力で推しにアピールしてください!」というアナウンスで始まったのは、「地球最後の日は君とチュウがしたい!」。「ぱっぱらぱー」でさらにリスナーを煽ると、まいたけがグッズのハート型うちわをメンバーに手渡し、「君と恋花火」へ。後ろのモニターに花火の映像が映し出されると、ポケカメンのみがステージに立つ。「まだまだ終わんないぞ、みんな!」とシャウトして、ソロ曲メドレーへ。「アンチモラルスパイラル」(ポケカメン)、「恋する3秒前」(かにちゃん)、「アンダースウェル」(ゆぺくん☆★)、「いないないニャー」(さくらくん。)、「あの夏の向こうへ」(ふぇにくろ)、「AntiLoser」(まいたけ)と続き、最後は全員で「勇者不在RPG」を披露し、それぞれの個性がキラリと光ったメドレーを締めくくった。



ここで次がラストの曲という悲しいお知らせが。「背中を押される曲です」、「ラストなのでペンライト全力で振って」、「マジで盛り上がっていきましょう」と披露されたのは、「未完成ヒーロー」。最後は「ありがとう」、「バイバイ!」と6人はステージを後にした。



アンコールの拍手が鳴り響く中、会場ごとに内容が違うというメンバーの対決VTRが流れる。東京公演では2チームに分かれてフリースロー対決し、負けたチームは会場でタイキックの罰ゲームが課されてしまうというもの。最終的に勝利を掴んだのは、ポケカメンチームだった。VTRが終わると、ツアーTシャツに着替えたメンバーが登場し、「アンコールありがとう!」と「ほ〜り〜にゃいと」をキュートにパフォーマンスしてみせた。バンドメンバー紹介の後は、罰ゲームのタイキックを執行。代表でふぇにくろがポケカメンのタイキックを受け止め、笑いを誘っていた。最後は一人ずつ改めて久しぶりのツアーにあたって、リスナーに対する思いを語っていく。


「前回の有観客ライブから1年経って、いろんなことがあって、いろんな人に支えられて僕たちはここまでやってきました。リスナーの皆さんにも見守っていただきました。ここで成長は止まらないと思っているので、この先も一緒に僕らの成長を見守っていただけたらと思います」(かにちゃん)

「1年間有観客(ライブ)ができなかったんだけど、この1年すごいいろんなことがあって、メンバー全員挫けそうになったり、しんどいと思ったりした時も正直ありました。だけどその度に、心からファンの子たちがいるから踏ん張れてるなって思います。みんなもちょこらびをモチベに使って、頑張って生きていってください。一緒に頑張りましょう」(ふぇにくろ)

「(1曲め)振り返った瞬間、ウルッときてしまって『ヤバいぞ、これは』という感じでした。今までいろんなライブを経験してきたんですけど、1部でこんだけ盛り上がってくれるのは今までのライブで一番。ツアー1発目に持ってこいの皆様だったと思います。いっぱいペンライトを振ってくれて、盛り上がってくれてありがとうございます」(ゆぺくん☆★)と、挨拶が続く中、バトンはまいたけへ。

「プレッシャーがあって、なんでプレッシャーかと言うと……」とまいたけ話していると、ポケカメンが「(お立ち台に立ちたい気持ちが)にじみ出てるよ」とお立ち台の上に誘導する。最初は「やりたいわけじゃない」と言っていたまいたけだったが、いざお立ち台に上がると「気持ちいー!」と大満足の様子。マラカスライトの便利さを伝えた上で、「俺はこの景色を待ちわびた。だからまた、遊びに来てください。以上です、ありがとうね!」と“まいたけ節”を発揮していた。

その後は、「みんなが待ち望んだライブができるように、頑張ってきました。期待に応えられているか不安なところはありますが、自分たちも楽しく、みんなも楽しく、会場で幸せな空気に包まれて、同じ時間を共有できていたらすごく嬉しいなと思います。改めてちょこらびをよろしくお願いします」(さくらくん。)


「本当にちょこらび色々ありまして。何かするたび叩かれて、切り抜かれて、俺以外のメンバーは言われっぱなしだったんですよ。叩いてる奴らを見返すやり方ってライブだったり、9月4日のNHKホール(ツアーファイナル公演)だったりだと思っています。ここからちょこらびは高みを目指して、6人で頑張っていくので最後までついてきてほしいなと思っています」(ポケカメン)と、それぞれの思いの丈をリスナーに届けていた。そしてラストソングは、初のオリジナル曲「空想デイズ」。最後はちょこらびメンバーもリスナーも大きな笑顔を浮かべたまま、ライブに幕を下ろした。

取材・文◎高橋梓
写真◎Viola Kam(V'z Twinkle) @vizkage

セットリスト

1.夏祭り
2.チョコチョコ☆ラビッツレボリューション
3. ラビラビ☆フィーバー
4.Re:START
5.Cyber×Trick×Evolution
6.推し事BOYS&GIRLS

7.うさみみじゃんぷ!!
8.デスゲーム
9.サイダーのような恋がはじまる。
10.凸凹大乱闘
11.地球最後の日は君とチュウがしたい!
12.ぱっぱらぱー
13.君と恋花火
14.ソロ曲メドレー
アンチモラルスパイラル/ポケカメン
恋する3秒前/かにちゃん
アンダースウェル/ゆぺくん
いないないニャー/さくらくん
あの夏の向こうへ/ふぇにくろ
AntiLoser/まいたけ
全員/勇者不在RPG
15.未完成ヒーロー

Encore
1.ほ〜り〜にゃいと
2.空想デイズ

<ちょこらび「Re:STARTツアー Final」>

日時/会場:
2022年9月4日(日)

時間:OPEN17:00 / START18:00
会場:NHKホール
住所:〒150-8001 東京都渋谷区神南2丁目2-1
金額:全席指定6,500円(税込)
※お一人様4枚まで

プレイガイド:イープラス
受付リンク:http://eplus.jp/chocorabi/

Twitter先行:
受付期間:2022年7月30日(土)20:00~8/15(月)23:59
入金期間:8月17日(水)13:00~8月19日(金)21:00

一般発売日:2022年8月21日(日)12:00

お問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ)TEL:03-3538-2300(平日11:00~19:00)

◆ちょこらび オフィシャルTwitter
この記事をツイート

この記事の関連情報