<SACRA MUSIC FES>、ヨーロッパ初上陸。ドイツ開催<AnimagiC2022>にてAimer、ASCA、ReoNaら熱唱

ツイート

ドイツ南部マンハイムにて開催されたアニメコンベンション<AnimagiC 2022>にAimer、ASCA、ReoNaの3アーティストが出演した。

◆ライブ写真

<AnimagiC>は、1999年から開催され近年では、毎年約30,000人ものファンが参加しているヨーロッパ最大規模のアニメコンベンション。会場はマンハイムにある<Congress Center Rosengraten>にて開催された。今年は8/5(金)~8/7(日)の3日間開催された。3年ぶりの開催ということもあり、前売り券・当日券共に、即完売。今年もヨーロッパ各国から30,000人以上のファンを動員するイベントとなった。

イベント開催中には Aimer、ASCA、ReoNa、それぞれのソロライブが行われ、さらに最終日の8/7(日)にはSACRA MUSIC FES. @ AnimagiC 2022 として、 3アーティスト全員が出演する<SACRA MUSIC×AnimagiC>スペシャルステージコンサートが開催された。

ヨーロッパで開催する初の「SACRA MUSIC」という冠のついたステージということもあり、Aimer、ASCA、ReoNaのパフォーマンスを一目見に、会場は超満員。総勢2500人ものファンが駆けつけ熱気に包まれた。


ステージのトップバッターを務めたのは、ASCA。今年既にアメリカのアニメコンベンション<Kawaii Kon>や<Anime Boston>など数々の海外イベントに出演を果たしているASCAだが、ヨーロッパでのイベント出演は今回が初。数々の人気アニメタイアップ楽曲の中から、「RESISTER」(TVアニメ『ソードアート・オンラインアリシゼーション』オープニングテーマ)、「Howling」(TVアニメ「魔法科高校の劣等生 来訪者編」オープニングテーマ)などを含むアップテンポなナンバーを披露し会場を盛り上げた。


続いて登場したのは、『ソードアート・オンライン』シリーズ、『月姫 -A piece of blue glass moon-』など人気アニメ、ゲームの主題歌を担当し、国内外に多くのファンがいるReoNa。彼女にとってもヨーロッパでのイベント出演は今回が初。人気楽曲「ANIMA」(TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」2ndクール オープニングテーマ)や「Lost」(「月姫-A piece of blue glass moon-」)をアコースティックアレンジにてしっとりと歌い上げるなど、ドイツのファンを魅了した。


<SACRA MUSIC × AnimagiC スペシャルステージ>のフィナーレを飾ったのは、2015年以来7年ぶり、2度目の同イベントに出演となったAimer。6月には自身初のサウジアラビアでのイベント<Anime Village2022>に出演するなど、デビュー以来数々の海外イベントへの出演を果たしてきたAimer は、国内外でも人気の高い楽曲「Brave Shine」(TVアニメ 『 Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 』)や、Billboard JAPAN史上最高記録となる7週連続の1位を記録した『TVアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』のオープニングテーマ「残響散歌」、エンディングテーマ「朝が来る」などの大ヒット楽曲を披露した。

ヨーロッパで「初」の開催となったSACRA MUSIC FES. @ AnimagiC 2022、『「SACRA MUSIC×AnimagiC」スペシャルステージ』は大盛況のうちに幕を閉じた。ドイツのアニメファンを虜にした今回のイベント。次はどこの都市で開催されるのか、<SACRA MUSIC FES.>の次回開催にも期待が高まっている。

■<SACRA MUSIC × AnimagiC Special Stage> プレイリスト公開中
https://smu.lnk.to/AnimagiC

この記事をツイート

この記事の関連情報