【ライブレポート】DIR EN GREYが生身で描いた『PHALARIS』の世界「オマエら、生きろ!」

ツイート

日常とは異なる世界へ、身も心も誘うSEが鳴り響く中野サンプラザ。バックスクリーンには、新作『PHALARIS』の世界観を現した様々な映像が暗いトーンで映し出されていく。ライブやコンサートというより、神秘的な儀式を思わせる。

そのステージにゆっくりと姿を見せたShinya(Dr)、Die(G)、Toshiya(B)、薫(G)、京(Vo)。儀式を司る支配者ともいうべきDIR EN GREYの5人は、映像の光を浴び、シルエット状になってオーディエンスの目に飛び込んできた。そしてスクリーンにツアータイトルが浮かび上がった直後のこと。イントロの効果音と共に、Dieがアコースティックギターによる悲しみの旋律を響かせた。

◆DIR EN GREY 画像 / 動画

2022年6月、11枚目のアルバム『PHALARIS』を発表したDIR EN GREYは、リリースに合わせて<DIR EN GREY TOUR22 PHALARIS -Vol.I->を6月2日からスタートさせた。東京・中野サンプラザのライブは、当初、7月6日に予定されていたが、Toshiyaの新型コロナウイルス感染により、7月9日に開催が予定されていた千葉・市川市文化会館と併せて延期。結果、東京の振替公演は8月1日となり、今回のツアーのファイナル公演に据えられることになった。


中野サンプラザに響くDieの奏でる悲しみの旋律を、一気に絶望のどん底へ叩き落とすがごとく、薫の重々しいリフやToshiyaとShinyaのラウドなリズムが轟く。それを浴びながら全身を激しく動かし、覚醒の様相を見せるのは京。『PHALARIS』の1曲目でもある「Schadenfreude」が、このライブのオープニングナンバー。『PHALARIS』の中では大作曲であり、展開に次ぐ展開が仕掛けられ、高い演奏力が必要とされる1曲でもある。楽器陣の4人はストイックに曲に入り込み、楽曲のストーリーを丁寧に紡ぐようにフレーズを放ち、ファンを引き込み続ける。京は声のトーンも唱法も様々に変化させながら、曲に込めた感情をリアルに吐き出し、ファンの心に緊張感をみなぎらせる。


新作リリース直後のツアーは、新曲の再現性にひとつの注目が集まるだろう。今回のツアーで何本ものライブを重ねてきたDIR EN GREYは、各メンバーの演奏面もバンドのアンサンブルも、すでにガッチリと固まっていた。構築性ある演奏とバンドサウンドは、バックスクリーンに描写され続ける映像と融合しながら、ビジュアライズされた作品のように響き渡っていく。


しかし「Schadenfreude」の中盤、京が吠えた。挑みかかるような形相を浮かべ、「中野! 掛かって来い!!」と煽りを喰らわす。その言葉にコブシを突き上げるオーディエンス。それを目にした京は「オマエらのクビをよこせ!!」と、さらに言葉を浴びせかけた。もちろんオーディエンスはヘッドバンギングしまくり、客席は激しく波打つ。同時に熱気も急上昇。

『PHALARIS』の通りにライブは進むかと思われたが、今回のツアーはあくまでも第一弾である。それに2022年はDIR EN GREYの結成25周年でもある。『PHALARIS』をひとつの軸にしながら、これまでの楽曲も散りばめていった。

そんなライブの中盤、強烈なブラスト・ビートとデスボイスで冷酷さも放った「The Perfume of Sins」から最新バージョンの「mazohyst of decadence」に突入したときだ。京は、うめき声やつぶやくような声を出し続けた。曲に入っても、いらだちや悲しみなど、感情が様々に入り乱れ続け、マイクを激しく打ち付けることも。ライブ冒頭では覚醒されたような様子だったが、今は奇声や擦り切れた声もあげ、まるで何かに憑りつかれたよう。さらに曲が「朧」にそのまま入ると、泣きはらしたような表情で絶望の淵をさまよいながら歌い続けた。血管を思わせるマイクの赤いシールドをたぐり寄せて胸のところに集め、もがき苦しむように表情も滲ませた。そこから「響」を力強くも悲哀を込めて歌い上げていく。



『PHALARIS』では曲順的につながっていないそれらの楽曲だが、歌詩の情景からは一人の人間の壮絶な葛藤が見え隠れする。ライブでは深くまでえぐった思いも露わになり、オーディエンスの感情に訴え続ける。ライブで体感する『PHALARIS』は、音源とはまた違ったストーリーも描きながらオーディエンスの心に深く突き刺さる。

しかし、痛みや絶望感ばかりが広がるわけではなかった。ライブ後半、曲をたたみ掛けていく中でメンバーはステージ最前に立ってプレイするなど、オーディエンスを煽りに煽る。京も「命、燃やして来い!」と叫ぶ。さらにアンコールでは、熱狂的ファンなら狂喜する曲も繰り出しながら、激烈なライブ・パフォームとキレあるプレイで攻めるDIR EN GREY。ラストの「人間を被る」では、全身を痙攣させるほどの激しさで京は歌い続ける。そしてエンディングでは、何度もこう叫んだ。

「オマエら、生きろ!」

そのたびに突き上がるオーディエンスのコブシと熱い生命力。それを目にして愛情に満ちた表情も浮かべるDIR EN GREYの5人だった。


このライブ直後、次なるツアーが発表された。それは『PHALARIS』のツアー第二弾ではなく、結成25年を記念した<DIR EN GREY 25th Anniversary TOUR22 FROM DEPRESSION TO_____>。しかも告知映像の最後には“Dir en grey”の初期のロゴにあたる文字が。果たして、これが意味するものとは。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎尾形隆夫

■全国ツアー<DIR EN GREY TOUR22 PHALARIS -Vol. I->ファイナル公演

2022年8月1日(月) 中野サンプラザ
M01 Schadenfreude
M02 Celebrate Empty Howls
M03 Phenomenon
M04 落ちた事のある空
M05 Midwife
M06 The Perfume of Sins
M07 mazohyst of decadence
M08 朧
M09 響
M10 Behind a vacant image
M11 Values of Madness
M12 T.D.F.F.
M13 詩踏み

ENCORE
M14 embryo
M15 Bottom of the death valley
M16 Mr.NEWSMAN
M17 CLEVER SLEAZOID
M18 人間を被る

<DIR EN GREY 25th Anniversary “TOUR22 FROM DEPRESSION TO ________”>

2022年
10/25(火) 【神奈川県】CLUB CITTA’ -「a knot」only-
10/26(水) 【神奈川県】CLUB CITTA’ -「a knot」only-
11/3(木・祝) 【埼玉県】ところざわサクラタウン・ジャパンパビリオン ホールA
11/8(火) 【東京都】Zepp Haneda
11/9(水) 【東京都】Zepp Haneda
11/14(月) 【神奈川県】KT Zepp Yokohama
11/18(金) 【兵庫県】あましんアルカイックホール
11/20(日) 【愛媛県】松山市民会館・大ホール
11/24(木) 【北海道】Zepp Sapporo
11/27(日) 【宮城県】SENDAI GIGS
12/1(木) 【愛知県】Zepp Nagoya
12/6(火) 【大阪府】なんばHatch
12/7(水) 【大阪府】なんばHatch

[開場/開演]
平日公演 18:00/19:00
土日祝日公演 17:00/18:00

[席種/チケット料金]
・VIP Ticket (1階前方スタンディング/1階前方指定席・オリジナル特典付き) ¥29,800(諸経費込)

・Exclusive Ticket (指定席・オリジナル特典付き) ¥19,800(諸経費込)

・一般スタンディング/一般指定席 ¥9,800(諸経費込)

※VIP Ticket/Exclusive Ticket(以下、VIP/ET)について
・VIP/ET はOFFICIAL FAN CLUB「a knot」会員の方が先行受付にてご購入いただけますが、万が一、定数に達しない場合は会員の方に販売もしくは残席を一般席として販売する場合があります。
・VIP Ticketは、【1階前方スタンディング】もしくは【1階前方指定席】のお席を予定しております。
・Exclusive Ticketは、【2階指定席】もしくは【1F指定席中央部PA卓付近】のお席を予定しております。
・オリジナル特典(VIP/ET共通)は当日、会場の指定窓口にてお渡し致します。

チケット受付スケジュール等、詳細は後日発表

LIVE Blu-ray & DVD『THE FINAL DAYS OF STUDIO COAST』

2022年9月14日 RELEASE

【初回生産限定盤】
・2枚組(Blu-ray+特典Blu-ray)
SFXD-0022~23 ¥11,000 (tax in)
・3枚組(2DVD+特典DVD)SFBD-0073~75 ¥9,900 (tax in)

【通常盤】
1枚組(Blu-ray) SFXD-0024 ¥8,800 (tax in)
2枚組(2DVD) SFBD-0076~77 ¥7,700 (tax in)

収録内容
[本編DISC]
THE FINAL DAYS OF STUDIO COAST
-Final Day 73-
2022.1.26 USEN STUDIO COAST SETLIST
SE G.D.S.
01. THE IIID EMPIRE
02. 朔-saku-
03. Merciless Cult
04. 人間を被る
05. 落ちた事のある空
06. 腐海
07. CONCEIVED SORROW
08. audience KILLER LOOP
09. 赫
10. 朧
11. T.D.F.F.
12. CLEVER SLEAZOID
13. 詩踏み
14. THE FINAL
15. THE DEEPER VILENESS
16. C
17. 冷血なりせば
18. Sustain the untruth
19. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇

THE FINAL DAYS OF STUDIO COAST
-Final Day 74-
2022.1.27 USEN STUDIO COAST
SE SA BIR
01. VINUSHKA
02. OBSCURE
03. 砂上の唄
04. 人間を被る
05. 落ちた事のある空
06. 腐海
07. audience KILLER LOOP
08. 赫
09. 朧
10. THE FINAL
11. T.D.F.F.
12. CLEVER SLEAZOID
13. 詩踏み
SE G.D.S.
14. CHILD PREY
15. 羅刹国
16. Sustain the untruth
17. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
18. 朔-saku-
19. 鼓動

[特典DISC]※初回生産限定盤のみ
後日発表

※収録内容及び仕様等は変更になる可能性がございます。

・早期予約特典
・購入者特典
・予約・購入店舗特典
・「a knot」限定『THE FINAL DAYS OF STUDIO COAST』バンドル
DIR EN GREY OFFICIAL SITE http://direngrey.co.jp をご覧ください。

■11thアルバム『PHALARIS』

2022年6月15日(水)発売
【完全生産限定盤 (CD+特典CD+特典Blu-ray) ※3枚組】SFCD-0265〜267 ¥9,900(tax in)
【完全生産限定盤 (CD+特典CD+特典DVD) ※3枚組】SFCD-0268〜270 ¥8,800(tax in)
※特殊パッケージ仕様
▼DISC 1:CD
01. Schadenfreude
02. 朧
03. The Perfume of Sins
04. 13
05. 現、忘我を喰らう
06. 落ちた事のある空
07. 盲愛に処す
08. 響
09. Eddie
10. 御伽
11. カムイ
▼DISC 2:CD
01. mazohyst of decadence
02. ain't afraid to die
▼DISC 3:Blu-ray or DVD
<疎外> 2021.6.5 東京ガーデンシアター
DOZING GREEN (Acoustic Ver.)
絶縁体
空谷の跫音
人間を被る
Devote My Life
CLEVER SLEAZOID
DIFFERENT SENSE

Ranunculus
谿壑の欲
The World of Mercy

かすみ
Followers
OBSCURE
落ちた事のある空
Sustain the untruth
激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇

【初回生産限定盤 (CD+特典CD) ※2枚組】 SFCD-0271〜272 ¥3,740 (tax in)
▼DISC 1:CD
01. Schadenfreude
02. 朧
03. The Perfume of Sins
04. 13
05. 現、忘我を喰らう
06. 落ちた事のある空
07. 盲愛に処す
08. 響
09. Eddie
10. 御伽
11. カムイ
▼DISC 2:CD
01. mazohyst of decadence
02. ain't afraid to die

【通常盤(CDのみ)】SFCD-0273 ¥3,300 (tax in)
▼DISC 1:CD
01. Schadenfreude
02. 朧
03. The Perfume of Sins
04. 13
05. 現、忘我を喰らう
06. 落ちた事のある空
07. 盲愛に処す
08. 響
09. Eddie
10. 御伽
11. カムイ

Manufactured by FIREWALL DIV.
Distributed by Sony Music Solutions Inc.

この記事をツイート

この記事の関連情報