yama、『線は、僕を描く』挿入歌を先行配信。新ビジュアルも公開

ツイート

yamaが、新曲「Lost」を8月17日に配信リリースすると発表した。あわせて新しいアーティストビジュアルも公開されている。

◆『線は、僕を描く』本予告映像、関連画像

百田留衣が作詞、作曲、編曲を担当した「Lost」は、映画『線は、僕を描く』(10月21日公開)の挿入歌となる楽曲だ。yamaが8月31日にリリースするニューアルバム『Versus the night』に収録されることも決まっている。リリースに先駆けて、楽曲の一部が聴ける映画の本予告映像も公開された。


yamaと百田留衣、『線は、僕を描く』で主演を務める横浜流星は、「Lost」について次のようにコメントしている。

   ◆   ◆   ◆

■yama コメント

物語の重要なシーンで流れるというのもあり、主人公の霜介に寄り添えるように意識しました。
喪失感の中にある悲しみや怒り、やるせない複雑な感情が伝われば嬉しいです。
失われた美しい日々を過去として消化するのは難しいことですが、少しずつ現在に向き合っていく霧介に自分を重ねていました。この楽曲はまさにその変化の過程を表現しています。
楽しんでいただけたら幸いです。

■横浜流星 コメント

挿入歌「Lost」は、霜介の心情が丁寧に描かれていて、物語の深みを増してくれた素敵な楽曲です。
個人的にyamaさんの魅力である繊細で美しくて、芯のある歌声を最大限に発揮されていると思いました。
今も移動中に常に聴いているくらい、好きな歌の1つになりました。

■百田留衣(agehasprings) コメント

yamaさんの歌声はとにかく儚くて切ない。
レコーディングの最中、何度も鳥肌が立ちました。
そして霜介が抱えてしまった「悔い」を、
より深く表現出来ている楽曲になったと感じています。
この作品に関われた事を大変光栄に思います。

   ◆   ◆   ◆

「Lost」先行配信

2022年8月17日(水)0:00〜配信開始
https://yama.lnk.to/Qx9UWwWN

「くびったけ」先行配信

2022年7月27日(水)配信開始
https://yama.lnk.to/UJslFzWN

2ndアルバム『Versus the night』

2022年8月31日(水)発売
【完全生産限定盤ボックス】
SRCL-12194~12196 ¥9,480
CD+BD+フォトブック+蓄光フィギュア
※ボックス仕様

【初回生産限定盤】
SRCL-12197~12198 ¥5,980
CD+BD

【通常盤】
SRCL-12199 ¥3,300
CD Only

CD収録内容:
1. 桃源郷
2. MoonWalker
3. くびったけ
4. スモーキーヒロイン
5. Lost
6. ライカ
7. ないの。
8. Oz.
9. マスカレイド
10. 存在証明
11. 光の夜
12. 世界は美しいはずなんだ
13. それでも僕は

BD収録内容(完全生産限定盤・初回生産限定盤のみ収録):
『Versus the night 1.0 ACOUSTIC LIVE』
a.m.3:21
桃源郷
ライカ
MoonWalker
スモーキーヒロイン
Oz.
春を告げる
世界は美しいはずなんだ
それでも僕は
※含む全11曲
-Documentary-

予約リンク:https://yama.lnk.to/gLPzR7

『線は、僕を描く』

2022年10月21日全国東宝系公開
【スタッフ】
原作:砥上裕將「線は、僕を描く」(講談社文庫)
監督:小泉徳宏(『ちはやふる』 『カノジョは嘘を愛しすぎてる』)
脚本:片岡翔 小泉徳宏
企画・プロデューサー:北島直明
音楽:横山克

【キャスト】
横浜流星 
清原果耶 細田佳央太 河合優実
矢島健一 夙川アトム 井上想良/富田靖子
江口洋介/三浦友和

配給:東宝
(C)砥上裕將/講談社 (C)2022映画「線は、僕を描く」製作委員会
映画公式サイト:senboku-movie.jp
映画公式Twitter:https://twitter.com/senboku_movie
映画公式Instagram:https://www.instagram.com/senboku_movie/

この記事をツイート

この記事の関連情報