ロイクソップ、クリエイティブ・ユニヴァースを拡大した壮大なコンセプチュアル・プロジェクト“Profound Mysteries”第二弾リリース

ツイート

エレクトロニック・ポップの先駆者、ロイクソップは壮大なプロジェクト「Profound Mysteries」の第二弾として、『Profound Mysteries II』を2022年8月19日(金)にリリースした。

◆ロイクソップ “Profound Mysteries”関連動画&画像


スヴェイン・ベルゲとトルビョルン・ブラントンは「Profound Mysteries」をロイクソップのキャリアの中で最大の仕事であると語る。作品には、彼らが何十年もかけて磨き上げてきたユニークなサウンドが凝縮されているが、同時にそれはさらに発展していると言える。これは、未来への大きな展望で、彼らにインスピレーションを与えたアーティスト、ジャンル、音楽的なムーブメントへのオマージュなのだ。



「Profound Mysteries」は、彼らが生涯をかけて作り上げたものであり(最も古いアイデアとしては、ロイクソップ初期の1990年代、彼らが10代だった頃に初めて作曲したMIDIデータが使用されている)、かつ、全く新しいものだ。「Profound Mysteries」は、その豊富なコラボレーションによって特徴づけられる。ベルゲとブラントンは通常通り、ノルウェーで作曲、演奏、エンジニアリングを行ったが、コラボレーションは世界中に広がっている。ニューヨーク、ベルリン、パリでストリングスと木管楽器をレコーディングし、ロイクソップではおなじみのSusanne Sundförに加え、Allison Goldfrapp、Beki Mari、Astrid S、Karen Harding、Pixx、Jamie Irrepressibleがゲスト・ヴォーカルとして参加。各トラックには、オーストラリアの現代美術家、Jonathan Zawadaが制作した新しいオブジェとヴィジュアライザー、そして、スカンジナビアの制作会社Baconとの共同制作によるショート・フィルムが付属し、ユニークなクリエイティブ・ユニヴァースが広がっていると言えるだろう。


『PROFOUND MYSTERIES II』

2022年8月19日(金)
DOG052CDJ[CD/国内流通仕様] ¥2,500 +税
その他:世界同時発売、解説付
※解説は『PROFOUND MYSTERIES』(DOG051CDJ)と同じ物になります。
発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ

■収録曲目:
1. Demiclad Baboons
2. Let’s Get It Right feat. Astrid S
3. Unity feat. Karen Harding
4. Oh, Lover feat. Susanne Sundför
5. Sorry feat. Jamie Irrepressible
6. Control
7. It Was A Good Thing feat. Pixx
8. Remembering The Departed
9. Tell Him feat. Susanne Sundför
10. Some Resolve

◆ ロイクソップ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報