全米アルバム・チャート、Rod Waveが2作目の1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ラッパーRod Waveの4枚目のスタジオ・アルバム『Beautiful Mind』が初登場で1位を獲得した。2021年春に発表したサード『SoulFly』に次ぎ2作連続の全米No.1アルバムとなった。

◆Rod Wave画像

彼はこの4年間、毎年1作リリースしており、ファースト『Ghetto Gospel』(2019年)が10位、セカンド『Pray 4 Love』(2020年)が2位をマークし、4作全てが全米トップ10入りしている。

先週、非連続8週目の1位に輝いたバッド・バニーの最新作『Un Verano Sin Ti』は2位に後退。同作は5月初めにリリースされて以降、15週間トップ2内に留まり続けている。映画『ブレット・トレイン』での演技が注目されるバッド・バニーは、俳優業も本格化。2024年公開予定のスーパーヒーロー映画『El Muerto』に主演すると伝えられている。

3位は先週と変わらず、ビヨンセの『RENAISSANCE』がキープし、4位にミーガン・ザ・スタリオンのセカンド『Traumazine』が初登場した。ファースト『Good News』(2020年 2位)をはじめ、EPやミックステープ、コンピレーションを含めると5作目の全米トップ10ヒットとなった。

今週新たにトップ10入りしたのは、Rod Waveとミーガン・ザ・スタリオンの新作2作のみだった。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報