ロバート・プラント、公演前にウォーミングアップしていたジョー・エリオットに一言

ツイート

ロバート・プラントは、特に声のメンテナンスはしておらず、公演前にウォーミングアップもしないそうだ。それとは正反対の友人、デフ・レパードのジョー・エリオットが公演前のルーティーンに取り組んでいるとき茶々を入れたことがあるという。

『Los Angeles Times』のインタビューで、何十年も歌ってきてどのようにヴォーカルを管理しているのかと問われたプラントは、エリオットの名前こそ出さなかったものの、こう話した。「してない。僕はその場に行き歌うだけだ。アリソン(・クラウス)が仲良くしている有名なバンドのある男、僕にシュガーをかけるようなその男がバックステージで大騒ぎしているのは知ってる。一度、その場に行ったことがある。彼はものすごい音出してたよ。“なんで、そんなことしてるんだ?”って訊いたら、“ウォーミングアップ中だ”と。だから僕は、“ステージに上がるころには何も残ってないじゃないか”って言ったんだ」

プラントと度々共作しているブルーグラス/カントリー・シンガー、アリソン・クラウスはデフ・レパードの長年のファンで、デフ・レパードが5月に発表したニュー・アルバム『Diamond Star Halos』にゲスト参加した。エリオットはその経緯について、「ロバート・プラントと、サッカーのことなんかでテキスト(・メッセージ)をやり取りしてたんだ。彼から最近何してるんだと訊かれて、俺は“ニュー・アルバムを作ってる。でも、誰にも言うな”って答えた。そしたら、“アリソンには知らせたい。君らが彼女のお気に入りのバンドなのは知ってるだろ?”って言われて、“ああ、いいよ”って返してたんだ。その後、俺らのマネージャーが、彼女のマネージャーと話す機会があった。全く別のことについてだ。彼から同じことを言われたんだよ。“君らが望むなら、彼女は君らと何かやりたがるだろうって聞いた”とね」と『Rolling Stone』誌に話していた。

声の管理に無頓着であるらしいプラントは、3年前、アイスランドのフェスティバル<Secret Solstice>でレッド・ツェッペリンの「Immigrant Song」を28年ぶりに歌ったとき、「おお、まだできるとは思ってなかった」と自分でも驚いたそうだ。

Ako Suzuki



この記事をツイート

この記事の関連情報