Native Instruments、日本発のヒップホップ『EXPANSION CONCRETE SUN』発売

ツイート

Native Instrumentsは和楽器とヒップホップを融合した、ジャンル別拡張音源『EXPANSION - CONCRETE SUN』をリリースした。

◆『EXPANSION - CONCRETE SUN』 関連動画&画像


ヒップホップは国境を越え、世界中で様々な解釈を生み出している。CONCRETE SUNは、90年代の美学や多彩な音響機材、豊富な伝統楽器が大胆にミックスされ、日本のヒップホップカルチャーに敬意と新たな解釈を表している。日本人アーティスト達と共に作り上げたこの拡張音源の音色パレットには、日本の伝統楽器の要素をふんだんに取り入れた本格的なサウンドが揃っている。神秘的なシンセプリセット、リズミカルなドラムキット、大胆なループを自由に操作して、ビートメイキングの達人を目指してほしい。


CONCRETE SUNは、adaptrook、DJ RENA、Itsuka (Charisma.com)、midicronica 716、Phennel Kolliander、SPIN MASTER A-1とのコラボレーションによって制作された。CONCRETE SUNのクリエイターの1人であるSPIN MASTER A-1が、このEXPANSIONの特徴や制作背景などを動画で解説。厳選されたプリセットやサウンドを駆使して、特徴的なビートメイキングも披露。制作のヒントや、サウンドデザインのコツなどを学んで、自分の音楽制作にも生かしてみては。

EXPANSIONSは音楽ジャンルごとにまとめられた拡張音源パックで、様々なNI製品や様々なDAW上でも使用可能。トップレベルのアーティストやサウンドデザイナーが制作したワンショット、サンプル、テンポ同期済みループを収録。ヒップホップ、マイクロハウス、インダストリアルテクノ、ネオソウルなど、EXPANSIONSならどんな音楽ジャンルにも対応できる。BATTERYとMASCHINEに対応したドラムキットや、MASSIVE、MONARK、PRISMなどのシンセに対応したプリセット、さらに数多くのワンショットとサンプルを手に入れることができる。また、MASCHINE専用のFXチェーン、編集可能なパターン、Drum SynthやBass Synthのプリセットも多数用意されている。

『EXPANSION - CONCRETE SUN』

2022年8月26日
税込直販価格:¥6,600

◆製品 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報