ポール・スタンレー、キッスの新曲「ない。過去とは張り合えない」

ツイート

ポール・スタンレーは、現時点、キッスの新曲を作るつもりはないという。「過去と張り合うことはできないとの結論に達した」そうだ。

◆ポール・スタンレー動画

『Howie Mandel Does Stuff』ポッドキャストにゲスト出演したスタンレーは、キッスは新しい音楽を作っているのかとの質問にこう答えた。「いや。なぜなら現時点、俺は過去と張り合うことはできないという結論に達したからだ。同じようないいものができないってわけじゃない。君らの人生における重要な瞬間と関わりが持てないって意味だ。“ああ、18のときこの曲を聴いたのを覚えてる”とか“初めてのデートでこの曲を聴いた”とかいう味がない。そこと張り合えないってことだ。曲ってだけじゃないんだよ。人生のある時期のスナップショットなんだ」

「多分、この10年でかな、俺らは2枚のアルバムを作った。それ以前に作ったものと同じくらいいい曲はあった。でも、新しいんだ」「熟成していない。ワインとは違う。中身ではなく、どんなものに囲まれているかだ」

故に、いまは新しい音楽を作っても「自分をガッカリさせるだけ」と感じているそうだ。

現時点で、キッスのスタジオ・アルバムは2012年に発表した『Monster』が最後となる。スタンレー自身は昨年、サイド・プロジェクト、ソウル・ステーションのデビュー・アルバム『Now And Then』をリリースした。こちらは、オリジナル・ソングも収録されたが、大半はソウル/R&Bの名曲のカヴァーだった、


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報