ホレス・アンディ、ニューAL『MIDNIGHT SCORCHERS』より新曲「Away With The Gun And Knife」公開

ツイート

On-U Soundより、ホレス・アンディの最新作『Midnight Scorchers』から「Away With The Gun And Knife」が新たに公開された。

◆ホレス・アンディ 関連動画&画像


ホレス・アンディのアルバム「Midnight Rocker」に収録されている「Watch Over Them」をダブワイズでリワークしたこの曲は、アイタル・ホーンズの完璧なホーンのアレンジやハーモニーを空間にリバーブし、スネアの音でリズムを刻み、スピーカーごと持っていかれそうなサウンドシステム・サウンドになっている。その中心には、若者たちの暴力を非難するホレスのあまりにもタイムリーなリリックがある。

『Midnight Scorchers』は、ジャマイカの伝説的なボーカリスト、ホレス・アンディと英国のダブ・イノベーター、エイドリアン・シャーウッドが再び手を組んだ作品となっている。このプロジェクトについて、ホレス自身は「『Midnight Scorchers』は本当に素晴らしい。『Midnight Rocker』と異なりダブアルバムといったところだ。俺なら家でスピーカーを鳴らして満喫するよ!」とコメントしている。またプロデューサーのエイドリアン・シャーウッドはこう付け加える。「『Midnight Scorchers』は『Midnight Rocker』と対をなす完璧な作品として完成した。このアルバムは単なるダブアルバムではなく、新しいミックスと新曲によってデカいサウンドシステムでも楽しめる内容になってる」。

50年を越える音楽キャリアを通じて、みなに愛され続けてきたホレス・アンディは、マッシヴ・アタックのゲスト・ヴォーカリストとしての活動でも知られ、1970年代以降数多くのヒットを飛ばしている彼ならではのライブ・パフォーマンスも賞賛されている。プロデューサーのエイドリアン・シャーウッドとホレスが数年をかけて丹念に組み上げたアルバム『Midnight Rocker』は、2022年初めにリリースされ、この偉大なシンガーを現役アーティストとして第一線のど真ん中へと復帰させた。リリース以来、各方面から絶賛されてきたこの作品を、ガーディアン紙は現時点における年間アルバムのトップに挙げており、「円熟期の傑作」と激賞している。 リプレスがかかるたびに世界中のレコードショップからすぐに消えてしまう現象が続いている。

アルバム『Midnight Scorchers』はダブ・プレート・スタイルのリラブ(ローン・レンジャーとダディー・フレディーもヴォーカルとして参加)で物語をさらにその先へと推し進めたものだ。『Rockers』のシークエンスではしっくりこなかったけれどもこの新たなセットにおいて輝くチャンスを与えられた曲、そして鮮烈なアレンジメントをリズミカルな空の旅へと離陸させてくれるフレッシュなミックスなどが含まれている。楽曲が再構築されたのと同様に、アートワークも受賞歴のあるアニメーター、ラフマーシー(ゴリラズ、アール・スウェットシャツ、トム・ヨーク)を起用し、ストリートスタイル・グラフィティ風に再構築された。ファーストシングルの「Feverish」では、彼のサイケでカラフルな画が際立っており、ホレス・アンディのStudio One時代の名曲が鮮烈に刷新されている。

ハードコアなレゲエ・ファンは無論のこと、全音楽愛好家必聴の作品『Midnight Scorchers』は9月16日にCD、数量限定のCD/LP+Tシャツセット、LP、デジタルでリリース。国内盤CDには解説が封入され、ボーナストラックが収録される。LPは日本語帯付き仕様の限定盤(クリア・オレンジ)に加え、通常盤(ブラック・ヴァイナル)でのリリースが予定されている。また、長らく在庫切れとなっていた『Midnight Rocker』の新カラーとしてゴールド・ヴァイナルも9月16日に発売されることが発表されている。


『Midnight Scorchers』

2022年9月16日(金)
On-U Sound / Beat Records
BEATINK.COM:
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=12905

■TRACKLISTING
01. Come After Midnight
02. Midnight Scorcher
03. Away With The Gun And Knife
04. Dirty Money Business
05. Sleepy’s Night Cap
06. Feverish
07. Ain’t No Love In The Heart Of The City
08. Dub Guidance
09. More Bassy
10. Hell And Back
11. Carefully (Bonus Track)

◆Beatink オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報