エルトン・ジョン、ブリトニー・スピアーズとのコラボ公開「みんな、彼女はもう歌えないと言っていたが…」

ツイート

エルトン・ジョンが金曜日(8月26日)、ブリトニー・スピアーズとコラボした楽曲「Hold Me Closer」をリリースした。

◆「Hold Me Closer」オフィシャル・オーディオ、画像

エルトンはプロデューサーのアンドリュー・ワットと「Tiny Dancer」のリミックスを制作し、ゲスト・ヴォーカリストに誰を招くか迷ったという。エルトンは英国の新聞『The Guardian』紙にこう話している。「(夫のデヴィッド・ファーニッシュが)ブリトニーだったら最高だって言ったんだ」「みんな、彼女がもう歌えるとは思えないって言ってた。でも僕は、始まった途端、彼女は素晴らしいよって言ったんだ。彼女はできる。僕は彼女がやってることにワクワクしてた」

エルトンはブリトニーを気にかけており、「長いこと、彼女がどうしているかフォローしてた」そうだ。「彼女とこれができてすごく嬉しいよ。もしビッグ・ヒットになったら、これまで以上に彼女に自身を与えることができる。人々がどれだけ彼女を愛し、気にかけ、幸せになってほしいと思っているか、彼女は実感できるだろう」と、親心をのぞかせた。

ブリトニーは、これを新しいスタートととらえているのか、再びInstagramのアカウントを削除した。Twitterでは、エルトンとのコラボについて「オキドキ…6年ぶりの新曲!!!! 私たちの時代の巨匠の1人…エルトン・ジョンと歌っているなんて、とんでもなくクール!!!! 圧倒されてるって感じ…私にとっては一大事よ!!!」と喜び、いまはメディテーション中で、自分のスペースを持つことがどれだけ大切か学んでいるところだと伝えている。「ええ、今日は幸せを選んだ」そうだ。

エルトンは、「リハビリは誰にとってもいいことだ。僕は、これにより彼女が自信を回復し、スタジオに戻り、もっとレコードを作り、自分は素晴らしいんだって実感することを願っている」とも話している。








Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報