マット・ベラミー、ヘヴィになったミューズ新作に「スリップノット・ファンの息子からの影響も」

ツイート
Photo by Nick Fancher

ミューズは今週(8月26日)リリースしたニュー・アルバム『Will Of The People』で、よりヘヴィなサウンドを生み出したが、ヘヴィ・メタルにインスパイアされた要因の1つが、マット・ベラミーの息子(11歳)にあるという。

ベラミーは、ヘヴィ・メタル的なサウンドに傾いたことについて、Apple Musicのインタビューでこう話した。「多少、僕の息子Bingにも関係してる。彼はスリップノットなんかに夢中なんだ。僕らが彼らに近づけるとは思ってもいなかったけど、学校へ送っていく際、毎朝のようにああいう音楽聴いているのは、このアルバムにちょっと影響してるだろうね」

彼は、よりヘヴィなサウンドに挑戦することで、「メタルは……、メタルのプレイヤーは天才だってわかった」とも話している。

ベラミーは昨年12月、彼が運転する車の中でミューズの新曲「Won’t Stand Down」を流し、助手席にいた息子がノリノリでヘッドバンギングしている様子をInstagramライブで公開していた。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報