全英アルバム・チャート、ステップスのベスト盤が初登場1位

ツイート

今週のUKアルバム・チャートは、英国のポップ・グループ、ステップスが結成25周年を記念しリリースしたベスト盤『Platinum Collection』が初登場で1位に輝いた。彼らにとって2枚目のスタジオ・アルバム『Steptacular』(1999年)、ベスト・アルバム『Gold: Greatest Hits』(2001年)と『The Ultimate Collection』(2011年)に続く4作目の全英1位となった。

◆全英チャート 関連画像、動画

今週はトップ3が新作で占められ、2位にはマンチェスター出身のラッパー、Aitchのファースト・アルバム『Close To Home』が、3位にはマドンナのコンピレーション・アルバム『Finally Enough Love』が初登場した。

さらに、パニック!アット・ザ・ディスコの7枚目のスタジオ・アルバム『Viva Las Vengeance』が5位、デミ・ロヴァートの8枚目『HOLY FVCK』が7位にチャート・インしているほか、25周年記念盤がリリースされたオアシスのサード・アルバム『Be Here Now』が6位に再エントリーした。





シングル・チャートは、LF SYSTEMの「Afraid To Feel」が8週連続で1位を獲得。ディズニー映画『ミラベルと魔法だらけの家』の挿入歌「We Don't Talk About Bruno」の7週を破り、現時点の2022年最長記録であるハリー・スタイルズの「As It Was」の10週に迫りつつある。

2位も変わらず、Eliza RoseとInterplanetary Criminalの「B.O.T.A. (Baddest Of Them All)」がキープ。ジョージ・エズラの「Green Green Grass」が先週の4位から3位に再浮上した。

今週新たにトップ10入りした曲は2曲あり、Aitchとエド・シーランのコラボ「My G」が6位に初登場し、全米1位に輝いたニッキー・ミナージュの「Super Freaky Girl」が先週の15位から10位に上昇した。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報