全米アルバム・チャート、バッド・バニーが9週目の1位で『ミラベルと魔法だらけの家』に並ぶ

ツイート


今週の全米アルバム・チャートは、バッド・バニーの『Un Verano Sin Ti』が先週の2位から再浮上し、非連続9週目の1位を獲得した。9週間の首位獲得はディズニー映画『ミラベルと魔法だらけの家』のサウンドトラックと並び、現時点、2022年最長となる。

◆バッド・バニー画像

先週1位に初登場したRod Waveの4枚目のスタジオ・アルバム『Beautiful Mind』は2位に後退。ビヨンセの『RENAISSANCE』が3位をキープした。

今週は3作が新たにトップ10入りしており、デミ・ロヴァートの8枚目のスタジオ・アルバム『HOLY FVCK』が7位、マドンナのコンピレーション・アルバム『Finally Enough Love』が8位、ファイヴ・フィンガー・デス・パンチの9枚目『AfterLife』が10位をマークした。ロヴァートは、これで8作全てのスタジオ・アルバムが全米トップ10圏内に入った。マドンナにとっては23作目(サウンドトラックを含む)、ファイヴ・フィンガー・デス・パンチは8作目のトップ10ヒットとなった。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報