ジェイ・ロケット・オーディオ・デザインズから、クラシックなスプリングリヴァーブサウンドをも再現したUni-Verbが登場

ツイート

米国カリフォルニアのハイエンドなエフェクター・ブランドのジェイ・ロケット・オーディオ・デザインズから、新たなユニークさと実用性のペダル、Uni-Verb(ユニ・ヴァーブ)が登場した。

ユニ・ヴァーブは、ユニークなサウンドを生み出したことで一躍名器となった50年以上前のレジェンダリー・エフェクトの発想を元にしたペダルで、ヴィブラート/コーラス・エフェクトのセクションは現在のテクノロジーを用いて進化させ、さらにリヴァーブを加えるなど、5年の歳月を費やして開発された。

アイディアの元となるオリジナル機の特徴的なサウンドを忠実にキャプチャーし、1950年代のクラシックで良質なスプリング・リヴァーブ・ユニットのサウンドを再現して加えている。ユニ・ヴァーブは、オリジナル機よりもヴァイブ・セクションをギタリストが使いやすい設定にし、ヴィブラートまたはコーラス・エフェクトのスピード幅を広げ、また出力も若干高くしている。本機のセンド・リターン端子は、ヴィブラート/コーラス回路を通過した後にセンド出力端子から信号が出力され、リターン入力端子から入力された信号はリヴァーブ回路を通過して出力端子から最終出力。したがって、アンプや他のエフェクトなどで設定した最終的なサウンドにリヴァーブを掛けることが出来る。

また、ユニ・ヴァーブは、DC9V(直流9ボルト)のパワー・サプライで駆動するが、内部で24Vに昇圧しているため、特別なケーブルやパワー・サプライを用意する必要はなく、一般的に入手しやすいDC9Vのパワー・サプライが使用できる。エフェクト・オフ時には無駄な回路を通過せずに信号を出力するトゥルー・バイパス設計となっている。



製品情報

■モデル名: Uni-Verb (ユニ・ヴァーブ)
■コントロール: Dwell, Reverb, Intensity,Output, Speed, Chorus Mix
■スイッチ: Reverb, Vibrato/Chorus,On/Off
■入出力端子: Ouput, Return, DC In,Send, Input
※DC In適応プラグ・サイズ: 内径2.1mm / 外径5.5mm
■電源: 9VDC (別売パワー・サプライ)
■消費電流: 180mA
■サイズ(最大外形寸法): 124(L)×131.5(W)×49.5(H)mm
■重量: 約604g
※別売パワー・サプライの極性は必ずセンター・マイナスを使用して下さい。推奨パワー・サプライはMusic WorksのDC0913Bとなります。
※・・・ユニ・ヴァーブの消費電流は180mAですので、使用するパワー・サプライの供給電流は十分に余裕のあるものをご使用ください。
この記事をツイート

この記事の関連情報