【速レポ】<JOIN ALIVE 2022>Awesome City Club、「まだまだ夏を終わらせないよ」

ツイート

atagi、PORIN、モリシーにサポートのベース、ドラム、キーボードという6人編成で臨んだAwesome City Club。虹色の照明がステージを照らす中、1曲目「Life still goes on」が始まった。atagiのファンキーなボーカルにPORINが透明な歌声を重ね、モリシーがギターソロで躍り出るというAwesome City Clubならではのオープニングだ。続いてはギターを構えたatagiがリズミカルなカッティングを繰り出し、「一つになろう。手を上げろ!」(PORIN)と「アウトサイダー」へ。ステージからの熱いアプローチに観客が腕を大きく振って応えると、PORINは立ち位置を離れて上手の方まで歩いていき、観客に手を振りながら歌った。

◆Awesome City Club ライブ写真



「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」は、ステージの反対側に立つatagiとPORINが時に掛け合いをし、時にオクターブ違いで同じメロディを歌う男女の駆け引きソングで、クラシカルな赤い舞台幕も相まって、2人の佇まいがよりドラマティックに見える。PORINの《“嘘つき”》に入る前の盛り上がりが音源より数小節長く、クレッシェンドしながらグッと畳みかけるライブ版アレンジ。アウトロの尺も延ばされていたほか、フィルで締めくくるラストまでバンドの熱量を感じさせる演奏だった。「まだまだ夏を終わらせないよ」(PORIN)と軽快に始まったのは「夏の午後はコバルト」で、2声のボーカルが複雑な軌道を描きながら美しいメロディを生み出しているのも、モリシーがギターを搔き鳴らしながらラスサビに突入するのもオーサム節という印象。その場で跳ねたり、アイコンタクトをとって笑い合ったりと、目に見えてノリノリになっているメンバー。躍動するサウンド。場内はハッピーな空気で満たされていく。



曲の導入として短い言葉を添えていたものの、5曲目の「Good Morning」まで一気に演奏したAwesome City Club。MCでは、atagiが「実は我々、初めての北海道遠征は7年前の<JOIN ALIVE>でした」と明かし、デビュー直後の当時も今と同じく白い衣装を着ていたと懐かしんだ。「たくさんの人に来てもらって感激しています」と客席を見渡したatagiは、「いい時に呼んでもらえた」とも言っていたが、確かに、atagiによるアカペラの歌い出しから重心の低いハードロックサウンドへと展開する「On Your Mark」、間奏でドラムとギターのソロをフィーチャーした「息させて」など、多彩な楽曲が並んだセットリストは “今”の充実の表れ、そしてここまで続いた活動の賜物といえよう。ここで、2021年に発表された「勿忘」を披露。7年前にはなかった、しかし7年前やそれ以前からの歴史の連なりから生まれた名バラードを心からの歌、演奏でもって届けた。



そしてこの夏のフェスでいち早くお披露目している新曲「Setting Sail ~モダンラブ・東京~」で締め。哀愁溢れるモリシーのギターとともにatagiが歌い始め、PORINのハモりが重なる始まりは切ないが、やがてバンドサウンドが膨らみ、ギターにも歌にも切実な感情が込められていく。そのエンディングは観る人の心に焼きついたことだろう。

取材・文◎蜂須賀ちなみ
撮影◎柴田恵理

<JOIN ALIVE 2022>

日程:2022年9月3日(土)、4日(日)
時間:開場 9:00 / 開演 11:00 / 終演 20:30予定 ※雨天決行
会場:北海道・いわみざわ公園〈野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地〉(北海道岩見沢市志文町794番地)

この記事をツイート

この記事の関連情報