【速レポ】<JOIN ALIVE 2022>EGO-WRAPPIN’、音に体を任せる恍惚感

ツイート

ステージにドレープたっぷりの真紅のヴェルヴェットのカーテンがかかる、このどこか妖しくムーディな魅力があるVELVET CIRCUSのステージがこれほど似合うバンドもいない。「ご無沙汰しています。覚えてもらえてますか、EGO-WRAPPIN’です」という森 雅樹(G)の挨拶ではじまったEGO-WRAPPIN’のステージは、「love scene」のロマンティックなメロディでスタートした。

◆EGO-WRAPPIN’ ライブ写真

3年ぶりの<JOIN ALIVE>のステージ。ここからもう一度物語を紡ぐような優しいギターの調べに歌が寄り添う。そして「3年ぶりの!」「<JOIN ALIVE>、元気? EGO-WRAPPIN’ショータイム!」という中納良恵(Vo)の声とともにバンドの演奏が入って祝祭的なグルーヴで会場を色付けていく。「エンジョイ!」(中納)の声に、観客は音に酔いしれながら一層、その色鮮やかな音に没入し自由にダンスする。


スピード感のあるドラムビートと、躁的な管楽器が放つスクリームで一気に高揚する「サイコアナルシス」では、まだまだ声出しがNGでステージ前の人数の制限はあるものの、フロアはこれぞライブというパッションに溢れる。ステージからの高い熱をただ浴びるのではなく、テンション高く打ち返していく、バンドと観客とのヒリヒリ感としたやりとりや、抑えきれない興奮がテント内でどんどん膨張する。スリリングで、最高だ。



「改めまして、今日はEGO-WRAPPIN’です。久しぶりの<JOIN ALIVE>開催、復活、おめでとうございます。久しぶりにきましたよ、北海道。ちょっと涼しくなってきましたけど、夏アゲインで、VELVET CIRCUS燃やしていきましょうか」(中納)

オルガンの音色とスロウなレゲエビートに乗せて甘美なボーカルを聴かせる「a love song」でうっとりとさせ、また「The Hunter」では幻影的なギターフレーズとドラミングが、想像力を喚起する。寂寞とした荒野をひとり進んで行く哀愁混じりのハングリーさを湛えたサウンドと、この儚い夢のような会場の雰囲気もまたピタリとハマってさらにイメージが広がっていく感覚だ。


別世界を旅したところで続いたのは、管楽器による頭のワンフレーズで会場を歓喜で満たしていく「くちばしにチェリー」。フロアでは高くコブシが突き上げられると同時に、思い思いにダンスする。中納は、観客のひとりひとりを射抜いていくような熱く、挑発的な目力でもってパワフルな歌をさらに大きし、またバンドアンサンブルはどんどん濃厚になっていく。自然と大きな拍手がわき起こったエンディングに、中納も思わず歓声をあげた。

クライマックス感が満載の白熱した展開だが、まだまだライブは終わらない。続いたのは、歌謡あり異国情緒あり、ウエスタンからメタルもありとジャンルはもちろん国境も時空も自在に超えて、どこでもない感覚ながらどこか懐かしい、カオスなコラージュ感に振り回される「GO ACTION」。Don’t Think,Feelな精神で音に体を任せればいい。


その恍惚感のなか、ラストに披露したのは「サニーサイドメロディー」。「美味しいもの食べて、美味しい空気を吸って、全部吐き出していってください」(中納)といって奏でたスウィートなメロディは一際、心に染み入る。短い時間ではあったはずだが、充実した1日を過ごした体感があって、テントを出ると、空が美しい夕焼けで染まりつつあったのも歌の余韻をいつまでも響かせてくれた。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎柴田恵理

<JOIN ALIVE 2022>

日程:2022年9月3日(土)、4日(日)
時間:開場 9:00 / 開演 11:00 / 終演 20:30予定 ※雨天決行
会場:北海道・いわみざわ公園〈野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地〉(北海道岩見沢市志文町794番地)

この記事をツイート

この記事の関連情報