【速レポ】<JOIN ALIVE 2022>HEY-SMITH、「やりたいこと、やっていけー!」

ツイート

立ち向かわなくて何がロックだ、パンクだ。抗わなくて何がロックだ、パンクだ。ROSE STAGEで、全身全霊にして渾身のパフォーマンスで、バンドとしての生き様を炸裂させたのがHEY-SMITHだった。

◆HEY-SMITH ライブ写真

歴戦の猛者と言えるバンドだけあって、口火を切る「Living In My Skin」からというより、音を鳴らす前からスイッチをガチッと入れ、手を広げたり、メロイックサインを突き上げたり、その動きひとつひとつにみなぎる気合いが尋常じゃない。いつでも臨戦態勢。そこには“らしさ”しかないだろう。



フルスイングで「Living In My Skin」をぶちかまし、ホーン隊が織りなす響きがテンションをアゲまくる「2nd Youth」、猪狩秀平(G,Vo)が「何が正しいのか、正しくないのか。いろんな疑問が頭を駆け巡るけど、お前ら、何の為に生まれてきた? やりたいこと、やる為だ!」と絶叫して「Be The One」を投下。オーディエンスも拳を突き上げ、手を叩き、その喜びを爆発させるが、それを上回るような勢いをステージ上で展開していくのが恐ろしいところ。

猪狩とYUJI(B,Vo)によるフロント2人の前のめり具合、強烈なショットを繰り出すTask-n(Dr)もそう。かなす(Tb)は頭を振り倒し、満(Sax)は全身を震わせ、イイカワケン(Tp)は見事なソロを披露しながら“もっと来いよ”と客席へ拳を向ける。メンバーが発する熱量が凄まじいのだ。



そんな空気を感じ取ったのか、「Fellowship Anthem」の後に猪狩が、オーディエンスの心を「どうしようもなく突き動かすつもりで歌っていく」と改めてここで宣言する。もちろん、そんな心意気に反応しないわけがなく、「Dandadan」でより覚醒し、熱気が上昇する会場。明らかに先程までとは違う光景が広がっていき、アガるリフとコールが最高な「Let It Punk」、グッドメロディーがスッと浸透する「Don’t Worry My Friend」と続け、怒涛の勢いは会場全体で加速しっぱなし。



だが、「まだそれぐらいじゃ満足しないんだ」と猪狩がつぶやき、野外の開放感とベストマッチな「Sunday Morning」、ニヤけてしまうほどの爽快さがある「Summer Breeze」をプレイ。会場をいいムードで染め上げてラストスパートの畳み掛けへ突入するのだが、そこからもやはりと言うべきぶっこみ具合。破壊力抜群な「We sing our song」、ここにきてさらに覚醒を呼び起こすビッグコーラスもたまらない「True Yourself」、追い打ちにもほどがある強烈なナンバー「Endless Sorrow」を矢継ぎ早に叩きつける。

何度も「やりたいこと、やっていけー!」と叫ぶ猪狩に、競争状態とも言えるオーディエンス。やりすぎなんじゃないかと思うこともあるが、それぐらいがちょうどいいんだろう。HEY-SMITHが予定調和なライヴをやってどうする。それを再認識した夜だった。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎岸田哲平

<JOIN ALIVE 2022>

日程:2022年9月3日(土)、4日(日)
時間:開場 9:00 / 開演 11:00 / 終演 20:30予定 ※雨天決行
会場:北海道・いわみざわ公園〈野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地〉(北海道岩見沢市志文町794番地)

この記事をツイート

この記事の関連情報