【速レポ】<JOIN ALIVE 2022>BLUE ENCOUNT、FUTURE FLOWERS大団円「JOIN ALIVE、おかえりなさい!!」

ツイート

「JOIN ALIVE、2日間あったけど、自信をもってオレたちが、あなたを抱きしめに来ました」。そう力強く宣言し、エリアを埋め尽くした観客たちに希望と勇気、そして自分らしく生き続けていくことの大切さを伝えてくれたのは、FUTURE FLOWERSのトリを飾った“ブルエン”ことBLUE ENCOUNTだ。

◆BLUE ENCOUNT ライブ写真



「準備できてますか!?」。田邊駿一(Vo,G)の第一声をきっかけに始まったのは、まさにこの困難な時代を生き延びてきた者たちが歌うにふさわしい「Survivor」。《We are 最後のサバイバー》というサビの一節が歌われると、それを受けてのイントロで江口雄也(G)が高速フレーズをタッピングでプレイ。それを受けて、辻村勇太(B)がベースを轟かせ、高村佳秀(Dr)のドラムがグルーヴをドライブさせていく。その勢いを加速させながら「HEART」に突入すると、今度はクレイジーなギター・フレーズが炸裂し、攻撃力を増したバンド・サウンドが、FUTURE FLOWERSエリアから溢れんと言わんばかりに大勢集まった観客たちを、まさしく<JOIN ALIVE>クライマックスへ至るステップへといざなっていく。


2曲を終えてMCを始めた田邊は、「JOIN ALIVE、おかえりなさい!! これを言いたくて言いたくて」と感極まった様子を見せながら「3年ぶりだよ。3年間、我慢してたでしょ? その我慢していた分の幸せを取り返したい、ただそれだけ。もっと光を!」と続け、ギブソン・レスポールをかき鳴らしながら「もっと光を」を声高らかに歌い始めると、観客からは自然と大きな拍手が沸き上がる。その拍手は、「あなたの心で歌ってみて」という田邊の呼びかけに応じて、バンドの音をかき消すほど大きな手拍子となっていく。

続く「バッドパラドックス」で田邊は「飛べるやつは飛んじゃっていいからね」と観客を煽りながらも、自身もハンドマイクでステージを縦横無尽に動き回りながら歌うと、「VS」では、まだ声を出して歌うことが許されない観客たちの拳を突き上げさせることで、今の時代ならではの興奮の坩堝を生み出していった。

「この2年くらい、音楽は不要不急だとか(世間の)矛先がこっちに来てしまって、何度も何度も“ああ、終わりかもな”とか、ポジティブを歌ってるバンドなのにすごく思ったんだけど、後ろの方までお客さんでパンパンなこの景色を見れただけで、いろんなことがどうでもよくなってる自分がいます。でも、あなたはどうなのかな。あなたも、オレらが思ってる以上に壮絶な日々だったと思う。でも、今ここに立ってるでしょ。今日一日過ごしてさ、あの時より元気になりましたか?」


その問いかけに、今まで以上に大きな、そして長い拍手が送られると、「この幸せが続いていくように、オレたちで一緒に頑張っていければいいと思う。いっぱい喋ろうと思ってたけど、言いたいことは今から歌う曲にすべて込めておくから、頼む、耳を貸してください」と歌い始めたのは「アンコール」だ。世の中がコロナ禍に覆われる直前、2019年にリリースしたアルバム『SICK(S)』に収録されている曲だが、不器用でも、傷だらけでも未来を見るために進んでいこうというこの歌は、今、この時代にこそたくさんの人に聴いてほしい一曲だ。

そんな“ブルエン”にしか歌えない曲を北海道の夜空に届けると、「JOIN ALIVEを取り返してくれたすべての人、そしてあなたに捧げます」と、新たな世界に挑もうとする者の背中を力強く押してくれる「青」を田邊、江口、辻村、高村の4人のアンサンブルで熱演。その歌を確かに受け取った観客たちの惜しみない拍手の中で、2022年<JOIN ALIVE>のFUTURE FLOWERSステージは大団円を迎えた。

取材・文◎布施雄一郎
撮影◎中河原理英


<JOIN ALIVE 2022>

日程:2022年9月3日(土)、4日(日)
時間:開場 9:00 / 開演 11:00 / 終演 20:30予定 ※雨天決行
会場:北海道・いわみざわ公園〈野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地〉(北海道岩見沢市志文町794番地)

この記事をツイート

この記事の関連情報