WANDS × BREAKERZ、東阪2マン<ROCK BONDZ>を12月開催

ツイート

WANDSとBREAKERZの2マンライヴ<ROCK BONDZ -WANDS × BREAKERZ->が12月、東京および大阪で開催されることが決定した。“ROCKの絆”で繋がれた奇跡の2マンとなる。

◆WANDS × BREAKERZ 画像

これは本日9月7日、KT Zepp Yokohamaで行われたWANDS第5期の初ライブツアーファイナル公演で発表されたものだ。2019年に第5期として再始動したWANDS(Vo.上原大史、Gt.柴崎浩[Key.木村真也は現在活動休止中])と、DAIGO率いるBREAKERZ(Vo.DAIGO、Gt.AKIHIDE、Gt.SHINPEI)。ビーインググループのレーベルメイトである2組だが、実はそれだけではない。


WANDSをはじめビーイングの楽曲を聴いて育ったDAIGOが2018年にリリースしたビーイングカバーアルバム『Deing』。このアルバムにはWANDS「もっと強く抱きしめたなら」のカバーも収録されたのだが、このカバーの発表をきっかけにWANDSの再結成を望む声がより大きくなり、『Deing』制作に携わったプロデューサー・長戸大幸にも届く。その声を受けて、長戸はWANDS再構築に向けて動き出したのだった。DAIGOがいなければWANDS再結成はなかったかもしれない。

また、柴崎とAKIHIDEは実力派ギタリストによるライブ<Being Guitar Summit>で2014年から共演しており、親交を深めてきた仲。さらにWANDS再始動直後の「CDTV年越しライブ」に2バンドとも出演した際にはメンバー6ショットをSNSに投稿、アニメ「名探偵コナン」のOPをWANDS、EDをBREAKERZが担当した際にはDAIGOがSNSで「アツい」と投稿し、双方のファンから共演を望む声が寄せられる等、実は今回の2マンライブに繋がる縁が続いていた。

とは言え、この共演がまさか実現するとは思わなかった人も多かったはずだ。ROCKを愛し、互いへのリスペクトを持ち続けてきたWANDSとBREAKERZ、“ROCK BONDZ”=“ROCKの絆”で繋がれた奇跡の2マンライブがついに開催される。それぞれのライブパフォーマンスはもちろん、2バンドによるコラボ演奏にも期待は膨らむばかりだ。

■<ROCK BONDZ -WANDS × BREAKERZ->

▼2022年
12月6日(火) 東京:Zepp Haneda(TOKYO)
開場 17:30 / 開演 18:30
(問)H.I.P. 03-3475-9999

12月13日(火) 大阪:Zepp Osaka Bayside
開場 17:30 / 開演 18:30
(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400

▼チケット
1Fスタンディング/2F指定席 9,000円(税込)
※未就学児入場不可/小学生以上はチケットが必要となります。
※入場時ドリンク代別途必要。
※1Fスタンディングは整理番号順の入場になります。
一般発売:2022年11月5日(土)10:00〜
【ファンクラブ先行受付】
受付期間:2022年9月7日(水)21:00~9月19日(月・祝)23:59
詳しくはそれぞれのオフィシャルサイトをご覧ください。
・WANDSオフィシャルサイト https://wands-official.jp/
・BREAKERZオフィシャルサイト https://breakerz-web.net/
【プレイガイド最速先行】
ローソンチケットプレリクエスト先行(抽選)
受付期間:2022年9月20日(火)10:00 ~ 2022年10月2日(日)23:59
※お申し込みの際にはお申し込みページに記載されている「注意事項」をご確認ください。
https://l-tike.com/wands-breakerz/

この記事をツイート

この記事の関連情報