ハノイ・ロックス、マイケル・モンローの還暦を祝いオリジナル・メンバーでリユニオン

ツイート

6月に60歳の誕生日を迎えたマイケル・モンローは、9月23日に故郷フィンランド・ヘルシンキにて特別公演を開催するが、そのグランドフィナーレでハノイ・ロックスがデビュー時のラインナップでリユニオンすることが発表された。

◆ハノイ・ロックス画像

マイケル・モンロー(Vo)、アンディ・マッコイ(G)、ナスティ・スーサイド(G)、サミ・ヤッファ(B)、ジップ・カジノ(Dr)が揃いステージに立つのは1982年7月27日以来だという。

モンローは、「散り散りになってから40年以上が経過し、ハノイ・ロックスの5人のオリジナル・メンバーがステージで一緒にプレイするのに最適な時期と場所はこれしかない。ハノイ・ロックスが再結成するわけではないが、記念公演のユニークな要素となる。俺は最初、サプライズにしておくつもりだったが、よく考えた末、あらかじめ公表しておかないのは、特にファンにとっては公平ではないと思った。みんながその場にいるチャンスを得るべきだ」と、コメントしている。

ハノイ・ロックスはこのラインナップで、ファースト『Bangkok Shocks, Saigon Shakes, Hanoi Rocks』(1981年)、セカンド『Oriental Beat』(1982年)、『Self Destruction Blues』(1982年)と3作のアルバムを発表した。

さらに特別公演では、モンローが90年代に結成したDemolition 23も再結成し、オープニング・アクトとしてプレイするという。こちらは1995年以来のライヴとなるそうだ。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報