バックストリート・ボーイズ、初のクリスマス・アルバムから「Last Christmas」公開

ツイート

バックストリート・ボーイズが10月に発売する自身初のクリスマス・アルバム『A Very Backstreet Christmas』から、ファースト・シングルとなるワム!のカヴァー「Last Christmas」がリリースされた。

◆「Last Christmas」オフィシャル・オーディオ、画像

『A Very Backstreet Christmas』には、「ホワイト・クリスマス」「きよしこの夜」「ウィンター・ワンダーランド」などクリスマス名曲のカヴァーほか、オリジナル・ソングも収録される。オリジナル・ソングの中には、ライバルと見なされていたインシンクのジャスティン・ティンバーレイクからインスパイアされた曲もあるという。

ニック・カーターは『Variety』のインタビューでこう語っている。「バックストリート対インシンクって見られていたのは面白い。でも、僕らにとってはいい曲、いい映画が全てだ。『トロールズ』は子供たちと一緒に何度も観てた。ジャスティンは(この映画のために)本当に素晴らしい曲を作った。僕らは、同じフィーリングを持ったハッピーで高揚感のある曲を作りたかったんだ。特にこのご時世ではね。それで、“ポジティブな曲を出そう”ってなって、“Happy Days”を作ったんだ」

そのほか、マーヴィン・ゲイやオーティス・レディングのヴァイブを持つ曲もあるという。

『A Very Backstreet Christmas』には、「White Christmas」「The Christmas Song」「Winter Wonderland」「Have Yourself A Merry Little Christmas」「Last Christmas」「O Holy Night」「This Christmas」「Same Ole Lang Syne」「Silent Night」「I’ll Be Home For Christmas」「Christmas In New York」「Together」「Happy Days」が収録され、10月14日にリリースされる。






Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報