ノサッジ・シング、最新AL『Continua」発表&韓国の人気バンド“ヒョゴ”が参加した新曲「We Are ft HYUKOH」公開

ツイート

ケンドリック・ラマーやチャンス・ザ・ラッパーのプロデュースで知られ、日本でも真鍋大度とのコラボなどで人気を集めるLAの重要プロデューサー、ノサッジ・シングが5作目となる最新作『Continua』を発表した。

◆ノサッジ・シング 関連動画&画像


アルバムは10月28日にデジタルでリリースされ、12月9日に国内盤CDでリリース、そして来年1月27日には輸入盤CD/LPでリリースされる予定。先行配信曲として、韓国の人気バンドヒョゴが参加した新曲「We Are ft HYUKOH」が公開されている。

ノサッジ・シングはファンであった母親を通じてソウルを拠点とするヒョゴを知ったという。また、トラックはNinja TuneやBrainfeeder、Hyperdubからのリリースでも知られるオランダの名プロデューサー、マーティンが10年近く前のドラム・サンプルから作り出した楽曲となっている。

アルバムには他にもトロ・イ・モア、カズ・マキノ (ブロンド・レッドヘッド)、サーペントウィズフィート、サム・ゲンデル、ジュリアナ・バーウィック、パンダ・ベア、コビー・セイ、マイク・アンドリュース、スローソン・マローン、ピンク・シーフ、アイドレスという超豪華ゲストが集結している。

前作『Parallels』から5年の間に、ノサッジ・シングは家族の健康問題や家の改築など、人生の岐路に立たされる中で、レコーディングを行った。制作中、ノサッジ・シングはヒップホップの著名な写真家、エディ・オットシェールの写真を参照した。それはスコットランドの西ハイランド地方にある人里離れた場所で夕暮れ時のオープンロードを撮影した写真で、映画のような、見る者に先の見えない道を進むようにと懇願する写真だった。それにインスピレーションを得た彼は、ヒップホップ、ジャズ、ソウル、アバンギャルドなど様々なフィールドで活動する友人やアーティストを集め、本作を作り上げたという。『Continua』の感情の高ぶりは、90年代後半のMTV、エレクトロニック、ダウンテンポ、ヒップホップの名作が生み出された黄金時代を彷彿とさせる。

ノサッジ・シングは自身の体験を投影した見事なサウンドスケープを創作する。そこからは、LAシーンの歩みを感じ取ることもできる。DIYなライブハウス、The Smellで見たノイズやパンクのライブから、D-Stylesと共演したLow End Theoryでのデビュー・ステージ、The xxやザ・ウィークエンドのオープニングアクト、そして10年に渡って親交のあるオーディオビジュアル・ライブの第一人者、真鍋大度との革新的なヘッドライン・パフォーマンス。それらリアルな体験こそが、彼の音楽に直感的な感情移入をもたらし、それらが特別なムードを生み出し、ノサッジ・シングのサウンドに唯一無二の輝きをもたらしている。

待望の最新アルバム『Continua』は10月28日にデジタルでリリースされ、12月9日に国内盤CDでリリース、そして来年1月27日には輸入盤CD/LPでリリースされる予定。国内盤CDには解説・歌詞対訳が封入され、ボーナストラックが収録される。また、輸入盤LPは通常盤のブラック・ヴァイナルに加えて、クリア・ヴァイナル仕様の限定盤でも発売される。


『Continua』

2022年10月28日 (デジタル)
2022年12月9日 (国内盤CD)
2023年1月27日 (輸入盤CD/LP)
LuckyMe

国内盤CD:
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=13001
輸入盤CD/LP:
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=13002

■TRACKLISTING
CD Tracklisting
1 Continua
2 My Soul or Something ft. Kazu Makino
3 Process
4 Woodland ft. serpentwithfeet
5 Blue Hour ft. Julianna Barwick
6 Grasp ft Coby Sey, Slauson Malone & Sam Gendel
7 We Are ft HYUKOH
8 Condition ft. Toro Y Moi
9 Look Both Ways ft Pink Siifu
10 All Over ft Panda Bear
11 Skyline
12 Different Life ft Eyedress
13 Condition ft Toro y Moi (Expanded Version) [Bonus Track]

◆Beatink オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報