Jackson、Charvel、PreSonusから2022年冬季の新製品が発表

ツイート

Jackson、Charvel、PreSonus Audio Electronics, Inc.が、2022年冬季に発売する新製品を発表。JacksonからはDeath Angelギタリスト、ロブ・カヴェスタニーのシグネイチャーモデルや日本製の「Rhoads RRT」ギターが、CharvelからはAs I Lay Dyingギタリスト、フィル・スグロッソのシグネイチャーモデルが登場。そしてPreSonusからは、StudioLive Series IIIミキサーに32x16のI/O拡張を提供するNSB 32.16が発売される。

●Jackson アーティストシグネイチャーモデル
Pro Series Signature Rob Cavestany Death Angel, Rosewood Fingerboard
(市場想定売価:170,500円/税込)
数十年にわたりJacksonを愛用してきたDeath Angelのギタリスト、 ロブ・カヴェスタニーのシグネイチャーモデル「Pro Series Signature Rob Cavestany Death Angel」が登場。オフセットされたX字型のシェイプがユニークなこのギターは、ロブが10代の頃に思いついたデザインを採用。彼のギターヒーローのランディ・ローズがしたように、ロブは斬新なギターシェイプのデザインを紙にスケッチし、1989年にJacksonでこのギターをカスタムメイド。その後、Jackson Custom Shopのオーダーメイドのシグネイチャーモデルのみとして提供されていたこのギターが、今回Pro Seriesのシグネイチャーモデルに加わった。ハイフレットへのアクセスを容易にするために、ロワーホーンに深めの“C”カット加工を施したニヤトーボディにメイプルスルーネックを備えている。

ネックはスカーフジョイントとグラファイト補強ロッドを採用。高速プレイをサポートする12~16インチコンパウンドラジアスのローズウッド指板には、24本のジャンボフレット、ブラックシャークフィンインレイ、そして蓄光式のLuminlayサイドドットを配する。EMG 81ハムバッカーから奏でられるサウンドは密度の高いミックスにも埋もれない圧巻のパワーを備え、伸びやかなサスティンを提供。EMG HAネックピックアップは広い周波数特性を有し、クリアでウォーム、そして豊かなハーモニクスが特徴で、明瞭度の高いコードサウンドからブライトで歯切れの良いシングルコイルサウンドまでカバー。「Pro Series Signature Rob Cavestany Death Angel」は、ブラックハードウェア、 ブラックネック&ヘッドバインディング、ブラックニッケルのJacksonロゴがエンボスされた先鋭スタイリングの6連ペグ式ブラックヘッドストックを備え、Satin Blackフィニッシュでの提供となる。
国内販売時期:2022年11月予定

●MJ Series Rhoads RRT
(市場想定売価:385,000円/税込)
「MJ Series Rhoads RRT」は、ランディ・ローズが切り開いたメタルレガシーを継承したモデル。豊かなレゾナンスが特徴のバスウッドボディに、グラファイト補強ロッドを内蔵し、究極の安定性を実現した3ピースメイプルスルーネックを装備。エボニー指板には、22本のジャンボフレットとパーロイドシャークフィンインレイを採用。指板は、12~16インチコンパウンドラジアス仕様で、ローポジションでのコード弾きからハイポジションでのソロプレイまで、ネック全長にわたり快適な演奏性を確保。Seymour Duncan JB SH-4ブリッジピックアップは、高出力でパワフルなローエンドを提供し、Seymour Duncan Jazz SH-2Nネックピックアップは、クリアなハイエンドと伸びやかなミッドレンジが特徴。3ウェイピックアップスイッチ、シングルボリュームノブ&シングルトーンノブといったシンプルなコントロールながら、幅広い音楽ジャンルに対応するサウンド設計が可能。「MJ Series Rhoads RRT」は、鋭角なホワイトヘッドストック、クロムピックガード、クロムハードウェアを備えたSnow Whiteフィニッシュのクラシックで大胆なスタイリング。
国内販売時期:2022年12月予定

●Charvel
アーティストシグネイチャーモデル
Phil Sgrosso Signature Pro-Mod So-Cal Style 1 H FR E, Ebony Fingerboard
(市場想定売価:214,500円/税込)
フィル・スグロッソは、As I Lay Dyingを牽引するソングライター兼ギタリスト。Charvel「Phil Sgrosso Signature Pro-Mod So-Cal Style 1 H FR E」は、彼のシグネイチャーモデル。ダークで力強いメタルサウンドを奏でるマホガニーボディを採用し、ハイポジションへのアクセスを容易にする1弦側カッタウェイ部内側の深めのカット加工とシュレッダーズヒールカットを備えている。

ボルトオンメイプルネックは、過酷なツアー環境にも耐えられるようにグラファイト補強ロッドを内蔵しており、サテンウレタンフィニッシュのネックバック、暗いステージ上でもネックポジションの視認性を高める蓄光仕様のLuminlayサイドドット、ヒールマウントトラスロッド調整ホイールなど、快適かつ実用的な特徴を備えている。12~16インチコンパウンドラジアス仕様のエボニー指板は、ナット付近でより丸みを帯びた形状で快適なコードプレイが可能で、ハイフレットに向かって徐々にフラットになり、高速ソロや大胆なベンディングがストレスなく行えるように設計。指板エッジは、丁寧にロールオフ処理が施されており、22本のジャンボフレット、オフセットドットインレイを採用。マルチヴォイスのFishman Fluence Modern PRF-MHB-AB1アルニコブリッジピックアップは、プッシュ/プル機能を備えたシングルボリュームノブによりアクティブピックアップならではの高出力のモダントーンと、汎用性の高い艶感のあるクリーンなパッシブピックアップトーンを切り替えることが可能。

ブリッジには、 Floyd Rose 1000 Series Double-Lockingトレモロシステムを搭載。フィルのシグネイチャーモデルはSilver Burstフィニッシュで、ブラックアノダイズドピックガード、クロームハードウェア、Charvel“Toothpaste”ロゴ付きのライセンス取得済みFender Stratヘッドストックを備えている。
国内販売時期:2022年12月予定

●PreSonus
NSB-SERIES
NSB 32.16 32x16 AVB-networked stage box
PreSonus NSBシリーズの最新ネットワークステージボックスであるNSB 32.16は、StudioLive Series IIIデジタルミキサーにアナログI/Oを必要な場所に提供。デジタル制御のXMAXマイクプリアンプ32系統、バランスラインレベル入力32系統、アナログ出力16系統、 ステレオAES3デジタル出力2系統を装備したNSB 32.16は、イーサネット接続1本でStudioLive Series IIIデジタルミキサーにシームレスに統合。入力トリムやファンタム電源などをStudioLive Series IIIコンソールやiPad、Androidタブレット、Mac、WindowsコンピュータのUC Surfaceリモートミキシングソフトウェアから直接リモート制御することが可能。
※PreSonus製品の問い合わせは、株式会社エムアイセブンジャパン(https://www.mi7.co.jp)。

この記事をツイート

この記事の関連情報