<ザ・スタジアム>北米ツアーを終えたモトリー・クルー「2月に会おう」

ツイート

モトリー・クルーが復活し、デフ・レパード、ポイズン、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツと共に開催した<ザ・スタジアム>北米ツアーが9月9日、ラスベガスで閉幕した。

◆関連画像

6月のスタート時、ドラマーのトミー・リーが肋骨を骨折しフル・パフォーマンスできないというアクシデントはあったものの、ツアーは大成功し、36公演が開催され2022年最大のツアーの1つとなった。

モトリー・クルーはツアー終了後、「これほどビッグなものは誰も一人ではできない」と、ファンや参加したバンド、クルー、プロダクション・チームら関係者たちに感謝するメッセージをインスタグラムに投稿した。

そして、「みんな、クタクタだがこの先のことにワクワクしている。2月に会おう」と、何かを計画していることを明かした。

正式には告知されていないが、デフ・レパードのジョー・エリオットによると、<ザ・スタジアム>ツアーは2023年夏にヨーロッパで開催されることが決まっているという。現時点、2月のイベントについてモトリー・クルーのオフィシャル・サイト(Motley.com)やSNSでは何も公表されていない。

一方、『Las Vegas Review-Journal』は、<ザ・スタジアム>ツアーは来年春にメキシコと南米で開催されると伝えている。

北米ツアー最終公演はエリザベス英女王が亡くなった翌日に開かれており、デフ・レパードはユニオン・ジャックを背に、最新アルバム『Diamond Star Halos』に収録された「This Guitar」を女王へ捧げたという。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報