ソイルワークのギタリスト、ダーヴィド・アンデションが47歳で死去

ツイート

スウェーデンのエクストリーム・メタル・バンド、ソイルワークが、ギタリストのダーヴィド・アンデションが亡くなったことを公表した。まだ47歳だった。

◆ソイルワーク画像

バンドは9月14日、SNSを通じ、「今日、俺らは深い悲しみに包まれている。ダーヴィド・アンデションが亡くなったという悲惨な知らせがあるからだ」と、訃報を伝えた。「彼は様々な面において唯一無二で素晴らしい男だった。10年以上、俺らのギタリストで、ソイルワークの音楽の旅に大きな影響を及ぼしてきた。悲しいことに、アルコールと心の病が俺らから君を奪い去った。俺らは彼のことを心から恋しく思う。そして、彼がその一部だった音楽のレガシーを継続していく」

「彼の家族へ心からお悔やみを。君と共にできた時間、笑いに永遠に感謝する。ありがとう、ドクター・デイヴ。向こうで会おう」

アンデションは2012年に正式にソイルワークに加入。9枚目のスタジオ・アルバム『The Living Infinite』(2013年)から先月発表した最新作『Övergivenheten』まで4枚のスタジオ・アルバムを制作した。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報