エミネムとスヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーが倒れたのを機に和解

ツイート

エミネムはスヌープ・ドッグと長い間反目していたが、2021年1月にドクター・ドレーが脳動脈瘤で倒れたとき、そんな場合ではないと和解したそうだ。

◆エミネム動画

最近、マネージャーPaul Rosenbergのポッドキャスト番組『Paul Pod: Curtain Call 2』にリモートでゲスト出演したエミネムはこう明かした。「俺とスヌープの間にはちょっとした問題があったが、ドレーが脳動脈瘤を発症したときだ……。俺ら、“ブロ、こんなことバカげてる。いま喧嘩してるなんて超アホだ”ってなったんだ。俺が電話したのか、彼が電話してきたのか覚えていないが、俺ら、話をしたんだよ」

エミネムは、そもそもふたりの仲が悪くなったのはコラボレーションをめぐる「誤解」だったと話している。「彼は(自身のアルバムで)俺と何かやりたかったんだと思う。それで確か、君(Rosenberg)にアイディアを送ったら、君は、“じゃあ、まず曲を聴いてみよう”みたいなことを言ってた。それを、彼は俺がやりたがっていないと取ったんだ」

ローゼンバーグは、「俺は多分、彼のチームと話したんだろう。俺が言ったことが、伝言ゲームのように彼に伝わり、君がやりたがっていないと思ったのだろう」と応じた。

ドクター・ドレーは幸い、速やかに回復し、エミネムとスヌープ・ドッグはどちらも今年2月にスーパーボウルのハーフタイムで行われたドクター・ドレーのショウに出演した。さらに、ふたりは6月にコラボレーション・シングル「From The D 2 The LBC」をリリースしている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報