FES☆TIVE、新体制お披露目ライブ「すっごい楽しいです!!」

ツイート

FES☆TIVEが9月18日(日)、神奈川・1000 CLUBで<FES☆TIVE新体制お披露目単独公演>を開催した。同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

◆FES☆TIVE画像

   ◆   ◆   ◆

“フェスティバル” “ポジティブ” “アクティブ”の言葉を組み合わせた造語が由来、“お祭り系”をコンセプトとして、アイドルシーンを高く盛り上げている5人組アイドルグループのFES☆TIVEが、9月18日(日)に横浜・1000 CLUBにて、<FES☆TIVE新体制お披露目単独公演>を開催。FES☆TIVEは、8月31日(水)に2018年からの4年間、FES☆TIVEを支え続けた南 茉莉花がグループを卒業。そして先日、新メンバーの辻こはるの加入を発表し、青葉ひなり、土光瑠璃子、八木ひなた、高木ゆりあの5人という新体制となって、この日のお披露目ライブを迎えた。この日は、台風が近付いていることもあり、朝から生憎の雨。ジメジメとした恵まれない天気であったが、その中でも、晴れ晴れするような計13曲を披露。マスク着用で声出し可能ということも重なり、大きく盛り上がるアクトを展開。雨を吹き飛ばすほどの力量を見せつけ、新体制スタートを最高のステージで彩った。FES☆TIVEの新たなスタートを祝うため、会場には多くのファンが集まり、会場後方まで埋まっている状態となった。このステージへの期待は大きい。横浜・1000 CLUBは、楽しみにしている人々が多数いた。

開演時間になると、まずはオープニングムービーが流れた。「夏リア旋律」をBGMに、制服を身に纏ったメンバーが、プールに飛び込んだり、辻こはるが体育館に走って先輩メンバー4人と合流したり、屋上に向かったりと、青春感溢れる映像だった。最後に”2022.09.18 こはる加入”というテロップが出てこのムービーは終了。


そして、“お祭り系”アイドルらしく太鼓や花火など“お祭り”要素がエレクトロニックサウンドに落とし込まれた、FES☆TIVEお馴染みのSEが流れ、メンバーが徐々に登場。ポーズを取っていく。オーディエンスはクラップで出迎えながら身体を揺らす。新メンバーの辻こはるは、緊張していただろうが、堂々と登場していた。新体制お披露目単独公演のスタートは、人気曲の「マジカルパレード」から。タイトルコールがされた瞬間に、声出しOKということから、大きな歓声が上がった。大きなジャンプやキュートで華麗に踊るメンバー。一人一人が個性を輝かせながら、愉しげなパフォーマンスを魅せていった。それに合わせて、大きくジャンプをするオーディエンス。早速、楽しい空間が広がった。新メンバーの辻こはるも、FES☆TIVE初ステージにもかかわらず、堂々としたパフォーマンス。新しい5人でも、パワフルなアクトを展開して、会場を早速、ヒートアップさせていた。そして恒例の観客との掛け合いパートの担当は、もちろん、辻こはる。辻が煽りを入れ、上手から下手へ移動し、盛り立てていく。さらに、観客へウェーブを促して、一体感を生んだ。次の曲は、中華をテーマにしたナンバー「カンフーミラクル〜愛〜」。強いビートが鳴り響き、そのビートに乗りながら、中華をイメージした楽しい振り付けと、大きくジャンプするという活気溢れる姿で、どんどんと魅了していった。2曲を披露し、最初のMCでは、新メンバーの辻こはるを含めた、自己紹介を行った。辻こはるはコメントで「緊張している」と話をし、緊張している様子が伝わってきた。出番前、辻こはるの緊張ガチガチな姿を見て、なぜか青葉ひなりが泣いてしまったことをメンバーが明かした。青葉は、辻こはるの気持ちを感じ取り、その気持ちになったために泣いてしまったと語る。

自己紹介を終え、次のブロックでも、迫力があり、エネルギッシュなステージを披露するFES☆TIVE。

夏のフェスを想起させる、楽しいパフォーマンスが特徴のアッパーナンバー「ゴートゥーフェス☆」では、レーザーが点灯する中、テンションMAXかつクールなパフォーマンスを魅せていた。「オトメ、ケセラセラ」では、拳を突き上げ、一人一人が気持ちを込めて歌い上げる、端麗で圧巻なアクト。《めちゃくちゃ騒げ》という歌詞にある通り、全員が大きく騒いで、熱量が上がっていく会場。どんどんと気持ちが高まっていく。「トライアングル」では、リズミカルに歌いつつ、タイトルにちなんだ三角形を表した振り付けなど、しなやかなダンスで可憐な姿を見せた。






次のMCの話題は、オープニングで流れたティザー映像について。撮影日は定期公演に行ったそうで、プールに飛び込んだシーンでは、土光瑠璃子と辻こはるの二人が残ってびしょ濡れになったと話す。高木ゆりあと青葉ひなりのシーンや、ドローンを使用した撮影など、見どころがたくさんあるので、ぜひこのティザー映像をチェックしてほしい。

そのMCの後でも、まだまだFES☆TIVEはたたみかける。

ティザー映像で話しをしていた、清涼感溢れる楽曲「夏リア旋律」へ。ピアノサウンドの中、八木 ひなたが見事な歌唱を魅せる。その後も、しっとりと恍惚としたユニゾン歌唱を披露していた。不思議な振り付けが特徴で中毒性のある「カマキリさんvsひつじさん」で、楽しく盛り上がる。そして、自転、逆回転を何度も繰り返して熱狂を生み出す「大和撫子サンライズ」をドロップ。みんなも何回も回転していた。一体感が増し、さらに会場の熱量が上昇。辻こはるも非常に楽しそうにパフォーマンスしていた。緊張はしていただろうが、先輩4人にしっかりとマッチしており、何よりその楽しげな姿に、どこか安心したファンも多いだろう。

きっとこの5人で前に進んでいく気持ちの表れを感じた。次のMCで、辻に感想をメンバーから聞くと、「すっごい楽しいです!! 出る前は、めっちゃ緊張しまくって、“やばい”と思ったけど、みんなが楽しそうな顔とかしていたし、ステージが高いから、めちゃくちゃ後ろまで顔がしっかり見えて、めっちゃ嬉しい!」と率直な感想を話していた。これまで辻とのエピソードがたくさんあるそうなので、ぜひ今後そのエピソードが話されることをぜひ楽しみにしていてほしい。MCを終えると、辻が「声出せますかー?」と煽ると、観客から大きな声が出された。

次は、FES☆TIVEの代表曲で、アイドルファンなら必ず一度は聴いたことのあるFES☆TIVEを象徴するナンバー「OIDEMASE!!〜極楽〜」へと展開。タイトルコールされてから、大きな歓喜の声が上がった。全員でステージ上を左右へ移動、回転。オーディエンスはそれに反応するように、同じ動きをする。FES☆TIVEの5人と大勢の観客がシンクロし、会場は熱狂の渦を生み出した。これまで何度も歌い続けているライブ名曲を、この日も、この新たな5人で、パワフルに歌い、踊る。それにしっかりと応えるファン。そんなお互いの関係がFES☆TIVEらしく素晴らしいし、グループのアイデンティティでもある。加えて、凄まじいパフォーマンス力。FES☆TIVEの力量をこの楽曲で見たし、何度も見たいと思える。それがFES☆TIVEの魅力。十分とそれを魅せて、この曲を終えた。チアダンス風の振り付けや野球などスポーツをイメージしたダンスが特徴のエールを送るナンバー「しゃかりきトップランナー!」で、さらに多幸感を上げていた。間奏中の定番となった、マラソン大会ではこの日、辻が宣言し、メンバーがステージ上を走る。この日の優勝は、高木ゆりあ。いつでもどこでも楽しいステージを見せるのがFES☆TIVEだ。続いて、“日本のおもてなし”がテーマで、サウンドもダンスも日本を意識した「ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!」を投下。日本から世界を目指すFES☆TIVEらしさ全開、メリハリのあるダンス。ステージ上をサークルで駆け回り、さらに盛り立てていた。拳を掲げ、この楽曲および本編の楽曲披露を終えた。

最後のMCにて、この新体制で行う全国ツアーの発表。こちらは新体制紹介ツアーを意味することになる。詳細は後日アナウンスされるので、ぜひチェックしてほしい。メンバーがステージを去ると、声出し可能ということから、“アンコール”という声が何度も会場に響き渡った。「人類!WE ARE ONENESS!」のイントロが流れ、ゆっくりとメンバーが再登場。“人類” “革命” “希望”など、壮大なテーマのこのポジティブチューンを、5人が一致団結して、一人一人の個性を輝かせながら披露していた。最後は、ライブ映えする大人気の楽曲「シダレヤナギ」で終了。最後の最後までファンは熱狂し、会場の熱量は最高潮に達して、心地の良い余韻を残したまま、新体制お披露目ライブは幕を閉じた。

新体制初披露で計13曲、圧巻のライブを見せ付けたFES☆TIVE。新章がはじまり、これからもこの5人のライブを見続けたいと思えた。そして、新メンバーの辻こはるは、相当の練習を積んだに違いない。それほど、先輩メンバーの4人に負けないようなパフォーマンスをしていたし、これからFES☆TIVEのメンバーとして全うするような意気込みを感じた。辻こはるがFES☆TIVEというグループで、どれほど活躍するかが今から非常に楽しみだ。そして、この5人で再スタートとなったFES☆TIVEは、これからもアイドルシーンを盛り上げ続け、ポジティブに前に進んでいくだろう。これからも高みへと登っていく姿に目が離せない。

※高木ゆりあ:「高」の正式表記は「はしごだか」




Text: 石山喜将
Photo: ワタナベタイシ

   ◆   ◆   ◆

■<FES☆TIVE新体制お披露目単独公演>9月18日(日)@神奈川・1000 CLUB セットリスト
SE
1. マジカルパレード
2. カンフーミラクル〜愛〜
3. ゴートゥーフェス☆ 
4. オトメ、ケセラセラ
5. トライアングル
6. 夏リア旋律
7. カマキリさんvsひつじさん
8. 大和撫子サンライズ
9. OIDEMASE!!〜極楽〜
10. しゃかりきトップランナー!
11. ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!

En1. 人類!WE ARE ONENESS!
En2. シダレヤナギ

   ◆   ◆   ◆

<FES☆TIVE2022年秋冬全国ツアー>

2022年10月10日(月・祝)愛知・NAGOYA ReNY limited
10月16日(日)大阪・ESAKA MUSE
10月30日(日)福岡・INSA Fukuoka
11月20月(日)仙台・LIVE STUDIO RIPPLE
11月26日(土)札幌・Sound lab mole
12月上旬 東京 ※日程/会場は後日発表
※チケット情報などの詳細は後日発表

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報