【インタビュー前編】ammo「ただシンプルに“今の僕たちです”という想いを込めて」

ツイート

ライブで動員を増やし続けている大阪スリーピースロックバンドammoが、2ndフルアルバム『我々の諸々』を10月5日にリリース。サポートドラマーとして参加していた北出大洋を5月に正式メンバーに迎えて制作された書き下ろしの全11曲を収録。現体制のバンドをメンバーは“新生ammo”と表現した。高校の同級生であり、ammoのソングライターである岡本優星の書いた曲に初めて触れた時、「こんな歌詞、見たことない」と思ったと語っていた川原創馬だが、今作では良い意味で変化、成長した岡本の曲と歌詞に再び、驚かされたという。地元、大阪・心斎橋BIGCATのワンマンがソールドアウト、ツアーのチケットも手に入りにくいほど注目されているバンドが生み出した新曲たちについてライブで感じていることについて話を聞いた。

■たくさんの選択肢があったけど僕はいまバンドをやっていて幸せで
■どれを選んでいてもここにいてたんだろうなってふと思ったんです


──前作『灰汁と Act EP』の取材の時は岡本さんと川原さんの2人体制でしたが、今年の5月に正式メンバーとして北出さんが加入するまでのいきさつ、現在の3人体制になって感じていることを教えてください。

岡本優星(以下岡本):メンバーに(北出)大洋くんが入ってからは、かなり僕たちも自信がついたというか、新生ammoとして新しい気持ちで自信持って曲をお届けできるぞ、って。活動も生き生きしだして、楽しいですよ。

──ammoのサポートとして昨年からドラムを叩いていた流れで自然と加入したんですか?

岡本:サポートメンバーを探している時に面識のあった大洋に「同い年やし、声をかけてみよう」ってなったんです。で、サポートメンバーとして一緒に全国を廻っている内にバンドに対する精神的な捉え方に通じるものがあるなぁって。それで「入ってください」ってお願いする形でしたね。


▲Vo.Gt / 岡本優星

──バンドに対する向き合い方が似ていたんですか?

北出大洋(以下北出):尖ってるじゃないですけど、「やったるぞ」みたいな。「みんなで楽しくやりましょう」というよりも「俺らがいちばんやから」っていうマインドが似てるのかなと僕は思いました。

──なるほど。北出さんはどんなタイプのドラマーなんでしょう?

川原創馬(以下川原):さっきみたいなこと言ってますけど、意外と弱気なんですよ(笑)。ammoって前の2人が基本、6~7割を考えて動かしているバンドでなんですけど、自分たちの意向を受け取ってくれるところはキレイに受け取ってくれて、時には自分からもいろいろ意見を言ってくれるので、バランスがめっちゃ良くなったと思いますね。たまたま、こういう形になったんですが、最高ですね。

──ドラミングに関しては?

岡本:単純に上手いです。


▲Dr / 北出大洋

──リズムが正確なんですか?

岡本:いきたいところでいききってくれて抑えるところは抑えてくれて、察する能力がありますね。技術的に上手いというよりバンドマンとして上手いんじゃないかと僕は思います。

──音を出した時の呼吸感だったり?

岡本:そうですね。譜面で表せないところを感じとってくれる才能がありますね。だから、大洋くんが入ってくれてからライブが楽しいです。

──スリーピースバンドは音の間合いも大事ですもんね。厚みを出すというより、3人ならではのソリッドなサウンドの緊張感がカッコいい。ammoの2ndフルアルバム『我々の諸々』にもその魅力を感じました。

岡本:ありがとうございます。


──1曲目の「紫春」は染み込むミドルの曲からスピード感のある展開に移行する曲ですね。前回も歌詞の感性の鋭さについて言及しましたが、この曲の“八月の態度に苛つく”というフレーズにもドキッとしました。同じように感じるけれど、こんな言葉で表現できないなと。

岡本:ありがとうございます。

──アルバム全体をこんなふうにしたいと思っていたイメージはありました?

岡本:もともとは前回、前々回とミニアルバムを出させてもらったので、その中から何曲かピックアップしてフルアルバムを作ろうと思っていたんです。そしたら思っていた以上に制作がポンポン進んで11曲も揃っちゃったので「じゃあ、書き下ろしの新曲だけでまとめよう」と。もともと、こういうアルバムが作りたいというのは特になくて、作った曲がちょうどバランスが良くて型にハマった感じでしたね。

──ライブでやっていて音源未収録の曲も入っているんですか?

岡本:最近、やり出した曲なので全部、新曲ですね。

──では、『我々の諸々』というタイトルはどんなふうに付けたんでしょう?

岡本:ツアーを廻ったり、ライブをたくさんしながら、今という一瞬、一瞬を生きていて出来た曲なので、ホントに単純に我々、僕たちの諸々。ただシンプルに“今の僕たちです”っていう意味です。

──“我々”はammoを指すんですか?

岡本:それもありつつ、聴いてくれるあなたたちという意味もあります。みなさんも我々なので。

──リードトラックの「最後は繋がるわかれ道」はMVが先行公開されていますが、イントロからスリーピースバンドならではのキレがあり、サビのメロディはキャッチーです。どんなふうに出来た曲ですか?

岡本:僕が持っていって3人で合わせたんですが、作る過程でテンポがすごく変わった曲です。もともとはゆったりしたテンポの曲だったんですが、創馬の発案でサビからテンポを倍にしようとか、Aメロの2回し目を倍にしよう、2番になったらゆったりしようって。かなり化けた曲ですね。



──スタジオでみんなでアレンジを考えたんですね。

岡本:はい。そこにカッコいいドラムをつけてくれて。

川原:優星はいつも弾き語りのデモを送ってくれるんですが、聴いた時は速くしたいとは思っていませんでした。3人でスタジオに入った時に大洋が考えてきてくれたドラムを聴いて「この曲、速くしたらカッコいいんじゃね?」みたいな感じだったので大洋ありきでのアレンジです。イントロのドラムのフレーズは最初から叩いてたよね?

北出:そうですね。最初のフレーズに関しては優星のデモを聴いてせっかくバンドの新しいメンバーになったし、今までと違う感じのドラムの曲が欲しいなと思っていたので、合うかなと思って持っていったら、途中からテンポが速くなって「これや!」って。

──バンドらしい作り方ですね。

岡本:ホントにそうですね。理想というか。僕ひとりじゃできなかった曲だと思いますね。

──岡本さんとしても新しいammoという感覚がある曲ですか?

岡本:はい。もともとはロックバラードみたいなどっしりとした曲にしようと思っていたんです。それで最初のリフを思いついて、歌詞も人生という大きな括りというか、壮大な曲にしたかったんですが、バンドで合わせてみたら、もっとポップな曲になって。でも、言いたいことは全然消えてないから、最高でした。

川原&北出:(笑)。

──「最後は繋がるわかれ道」というタイトルも気になります。

岡本:タイトル通りなんですが、生きていくことはいろいろな選択の連続で、僕は今、バンドをやっていて幸せで、たくさんの選択肢があったけど、どれを選んでいても、ここにいてたんだろうなってふと思ったんですよね。いろんな道があったけど、最後はここに繋がっていたのかなって。

──今の充実した気持ちもこの曲には込められているんでしょうか?

岡本:そうですね。珍しくポジティブめの曲ですね。


▲Ba.Cho / 川原創馬

──ちなみに今作はammoの中で少しハッピーなラブソングが多かったりするんでしょうか?

岡本:1stフルアルバム『会うは別れの始め』の時とは全然違いますね。あの時は未練たらしいラブソングが多かったんですが、今回はそういう曲もないし、同じラブソングでもちょっとニュアンスが違うというか、そんな気がします。

──パンキッシュな「ハート・フル」や恋の感情が嵐のように襲ってくる感じをサウンドでも表現している「突風」も良いですよね。青春感があるというか。

岡本:たぶん、1stアルバムは「突風」みたいな曲が多かったと思うんですが、それが今作では珍しい曲になったと考えたら、人として成長しているというか、変わっているんだなって。自分でも完成したアルバムを聴くと思いますね。

──何かが突き抜けた感覚があるんですか?

岡本:どうなんだろう? あまり細かいことで悩まなくなったかもしれない。アレンジにしろ歌詞にしろ「いい」と思ったことをそのまま貫けるようになったのかもしれないですね。

──これまでに積み重ねたものがあるから?

岡本:ですかね。これから先はどういうふうに変わっていくか、まだわからないですけど。細かくなったり、繊細になるかもしれないですが、今作はけっこう思いきりのいいアルバムになりました。

取材・文:山本弘子

※アルバムインタビューの後半は後日公開予定

リリース情報

2nd full album『我々の諸々』
2022年10月5日発売
1.紫春
2.最後は繋がるわかれ道
3.ハート・フル
4.突風
5.おもしろい方へ
6.箱の中から
7.ちょっと思っただけ
8.ジュブナイル
9.包まれる
10.賭け愛
11.おやすみ

ライブ・イベント情報

<それぞれの、この頃ツアー“構想編”>
10.21 東大阪kiruna★
10.25 名古屋RAD HALL★
10.28 山口LIVE rise SHUNAN
10.29 長崎STUDIO DO!
10.30 大分SPOT
11.03 上越EARTH
11.04 水戸LIGHT HOUSE
11.05 長野ALECX
11.07 神戸 太陽と虎
11.11 札幌SPiCE★
11.13 仙台Flying son
11.14 仙台Flying son★
11.15 下北沢SHELTER
11.18 高知X-pt.
11.19 愛媛WStudioRED
11.24 福岡Queblick★
11.25 福岡OP's
11.26 出雲APOLLO
11.27 岡山CRAZY MAMA 2nd Room
★:単独公演
記載なし:対バン公演
この記事をツイート

この記事の関連情報