オジー・オズボーン、全米トップ・アルバム・セールス・チャートで初の1位獲得

ツイート
Photo by Ross Halfin

全米アルバム総合チャート(Billboard 200)では3位だったが、オジー・オズボーンはニュー・アルバム『Patient Number 9』によりBillboardトップ・アルバム・セールス・チャートで初の1位を獲得したという。

『Patient Number 9』はこのほか、『Billboard』のトップ・ロック&オルタナティブ・アルバム、トップ・ロック・アルバム、トップ・ハード・ロック・アルバム、トップ・カレント・アルバム・セールス、テイストメーカー・アルバム、ヴィニール・アルバムのチャートで1位に初登場したそうだ。

1980年(アメリカでは1981年)に『Blizzard Of Ozz』でソロ・デビューして以降、通算13枚目のスタジオ・アルバムとなった『Patient Number 9』は今週、Billboard 200チャートの3位に初登場し、オジーにとって9作目の全米トップ10ヒットとなった。これは『Black Rain』(2007年)と前作『Ordinary Man』(2020年)に並び、全米でのソロ・キャリア最高位だった。

トップ・アルバム・セールス・チャートでトップ10に入るのは7作目で、これまでの最高位は『Ordinary Man』の2位だった。

『Patient Number 9』は英国では2位につけ、『Ordinary Man』の3位を上回り、最高位を更新した。「最新作で全英(総合)1位獲得」というオジーの夢は叶わなかったものの、ジャンル別の全英ロック&メタル・アルバム・チャートでは1位に輝いた。

また、カナダのアルバム・チャートでは1位に初登場しており、同国におけるオジー初のNo.1アルバムとなった。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報