ヴァン・ヘイレンの生誕地、米パサデナの公園にヴァン・ヘイレン・ステージが誕生

ツイート

アレックス&エドワード・ヴァン・ヘイレンが育ち、バンド、ヴァン・ヘイレンが誕生した米ロサンゼルス近郊パサデナ市内のオープンスペース/公園Playhouse Village Parkの中にヴァン・ヘイレンの名を冠したステージが建設され、週末(9月17日)、地元の人たちやファンが集まり、除幕式が開かれた。

◆関連画像

市議会は当初、この公園をリサーチの結果一番人気だった“エディ・ヴァン・ヘイレン・パーク”と名づけることを検討したが、エドワードに限定せず、ステージ・エリアにバンドの名を付けてほしいとヴァン・ヘイレンの家族からリクエストがあり、変更されたという。ステージは公園の中央に設置されており、早速、Elliott Caine Quintetにより同ステージにおける最初のパフォーマンスが行われた。

除幕式にはヴァン・ヘイレン関係者は出席しなかったが、真偽は不明なものの、ステージ建設中、デイヴィッド・リー・ロスがよく自転車で通りかかっていたとも伝えられている。

オランダで生まれたヴァン・ヘイレン兄弟は、1962年に家族と共にパサデナへ移住。地元の学校へ通い、バンド活動をスタートさせた。






Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報