【速レポ】<中津川ソーラー>DAY1、四星球「このバカバカしいライヴをぜひ思い出して」

ツイート

3年ぶりに中津川の地へ戻ってきた<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2022>。雨が降り続き、天候に恵まれたとは言い難いが、そんなことぐらいでは怯まないアーティストたちに集まったオーディエンス。REVOLUTION STAGEの一発目は日本一泣けるコミックバンド、四星球だ。

◆四星球 画像

降りしきる雨を前に振り切ったのか、ヤケクソなのか。やるしかないでしょうという宣言とも受け取れる森高千里の「ララ サンシャイン」がSEとして鳴り響き、背に姿を現した北島康雄(Vo)が、太陽光発電のみで必要な電力をまかなう<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2022>にちなみ、「電力で動くメンバーを連れてきてます!」と口にすると、U太(B)はペッパーくん、まさやん(G)は昔のAIBO、モリス(Dr)は半裸のターミネーターとして登場。のっけからサービス精神の塊である彼ららしく、バカバカすぎてもはや清々しい。





そんな空気の中、1曲目の「運動会やりたい」からもやりたい放題。曲中に北島の「ホントに運動会を」との言葉から、オーディエンスを左右で紅組、白組と分けてみんなでスクワット、雨に濡れない動き(いわゆるChoo Choo TRAIN的ムーブ)、YMCAの振り付けでの3本勝負。ライヴは忘れられぬ体験になるとはよく言うが、彼らのライヴほどそうだと言い切れるモノはない。オーディエンスも雨なんて気にせず、童心に帰ったように身体を動かして楽しんでいく。

「週明けから始まるおもんない1週間の中で、何やこれって思ったときにこのバカバカしいライヴをぜひ思い出して笑ってもらえたら。みなさんの記憶の片隅にいつもありますので、思い出し笑いになる為にやってまいりました。一生記憶に残るライヴします」北島康雄(Vo)

本気の小細工をし、おもいっきり音と笑いを届ける。腹の底から笑って楽しんで、何かを持って帰って欲しい。そんな心意気がとても嬉しく、会場をよりいいムードへとしていくのだ。





そして、曲中に北島がフラフープを回したりしながらも、まっすぐに歌い、語りかけ、サビでは会場中から無数のダブルピースが掲げられた「クラーク博士と僕」、ライヴの小道具すべてを制作しているまさゆきを讃え、オーディエンスも盛大なエアギターで盛り上げた「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」と、しっかりグッとくる曲を届けるのも彼らの特長。

加えて、誰もがそのタイトルを連呼したくなる、痛快なロックンロールナンバー「絶対音感彼氏」の途中に布袋寅泰の「スリル」がなぜかカットインしてくるところも彼らの特長である。



終盤に入り、疲れて横になった北島が産まれたての馬として必死に立ち上がろうとし、何とかハッピーエンドを迎えた新曲「UMA WITH A MISSION」やすっきりとしたアレンジでより歌が際立った「リンネリンネ」を放ち、みんなで太陽の首根っこを捕まえようと大ジャンプをした「妖怪泣き笑い」で勢いをつけた後、締めくくりとしてセレクトしたのは北島の絶叫から始まった「薬草」。声を張り上げ、全身を震わせ、ステージ上の4人のエネルギーが溢れ出る様はとても印象的だった。

ステージを去る前、少し時間があるということで、使用した小道具のパーツで「SOLAR ぶどうKAN」とコラージュする粋なパフォーマンスから、「THE SOLAR BUDOKAN、スタートでーす!!」と改めて宣言。持ち時間いっぱい、隙間なく四星球の世界観をアピールし、堂々と<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2022>の開幕を飾ってくれた。



取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎木村泰之

【REVOLUTION STAGE】セットリスト

1. 運動会やりたい
2. クラーク博士と僕
3. 鋼鉄の段ボーラーまさゆき
4. 絶対音感彼氏〜スリル
5. UMA WITH A MISSION
6. リンネリンネ
7. 世明け
8. 妖怪泣き笑い
9. 薬草

■<中津川THE SOLAR BUDOKAN 2022>

日程:2022年9月23日(金・祝) 、24日(土)、25日(日)
会場:岐阜県中津川公園内特設ステージ

この記事をツイート

この記事の関連情報