【速レポ】<中津川ソーラー>DAY2、LOW IQ 01&THE RHYTHM MAKERS「心の中で、ア・バ・レ・ロー!」

ツイート

「みなさん、3年ぶりに帰ってきましたよ! 心の中で、心の中で、ア・バ・レ・ロー!」とLOW IQ 01(Vo/B)が大声を上げて「Delusions of Grandeur」をドロップ。RESPECT STAGEの一面に広がった右手で“0”、左手で“1”を作るおなじみの“01”ポーズを拳に変えていったのがLOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSだ。

◆LOW IQ 01&THE RHYTHM MAKERS 画像

やはり、LOW IQ 01、フルカワユタカ(G/Cho)、山崎聖之(Dr/Cho)というTHE RHYTHM MAKERSのまとまりは素晴らしく、フルカワがステージ前方に躍り出てアピールすれば、呼応するようにLOW IQ 01は少し引いて、溜めてから前へと飛び出す。山﨑は卓越したプレイのみならず、コーラスでもバンドを支える。そしてそのまま子供が丘を駆け出すほどの勢いを見せた「Big Little Lies」へとなだれ込んでいくのだ。



そんな熱気高まる中、SUPER STUPIDの「WHAT'S BORDERLESS?」をセレクトするのもニクいところ。しかも、エネルギッシュかつフレッシュにプレイしているのだから、思い出に浸るというよりも、リアルタイムの感情が沸騰していく。

トリオが楽しみながら音を重ね、人懐っこいメロディーに山崎のコーラスも光った「So Easy」ではオーディエンスが一斉にハンズアップ。LOW IQ 01が「最高だよ、みんな!」と思わず声を上げるほど、歓声はなくともオーディエンスと一緒にライブを作っていく光景がありありとわかるステージだ。




いつもならこのあたりでユニークを通り越して、もはやコミカルな領域に達するようなトークをLOW IQ 01が繰り広げるところ。しかしフルカワがDOPING PANDAを再始動させたことを受けて、「元ロックスターが現ロックスターになって帰ってきました!」とイジりつつ、「だんだんテンションがアガると喋りすぎる悪いクセが出てきちゃうんで、今日はタイトにいきます。タイトにいくからっていってもアレだよ……ってヤベェ、無駄な時間だ(笑)」と話を切り上げる。3年ぶりとなる中津川での開催。きっと思うところもあるのだろう。




軽やかなアプローチで「WAY IT IS」を届け、そこから隙間のあるアレンジでLOW IQ 01がささやくように歌い出し、小気味良いリズムから物語的展開でグッとヒートアップしていく「Rules」をプレイ。いつものように“01ポーズ”も掲げられ、ダイナミックなアウトロも迫力満点だった。

疾走していくビートがたまらない「Thorn in My Side」をドロップした後、LOW IQ 01が「もうちょい付き合ってくれる?」というオーディエンスとしては願ってもない言葉を口にしてからの「SNOWMAN」がまさに驚きの展開だった。3人がステージ中央で呼吸を合わせてスタートしたのだが、なんと台車に乗ってTOSHI-LOW (BRAHMAN / OAU)が登場。その台車を押してるのが、つい先ほどREALIZE STAGEに登場したばかりの村松拓(Nothing's Carved In Stone / ABSTRACT MASH)だ。<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2022>を取り巻く和やかなムードがそうさせたのか、豪華ゲストが登場する嬉しいサプライズだった。



やんややんやと喝采が起こる中、ラストには「MAKIN' MAGIC」「LITTLE GIANT」という鉄板チューンを投下して全10曲を締めくくった。

それにしても「タイトにやる」と宣言したものの、まさかここまで楽曲で攻め続ける流れになるとは。とにかく、喋りをおさえて曲で語るLOW IQ 01も凄まじくカッコよかった。



取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎古川喜隆

【RESPECT STAGE】セットリスト

01. Delusions of Grandeur
02. Big Little Lies
03. WHAT'S BORDERLESS?
04. So Easy
05. WAY IT IS
06. Rules
07. Thorn in My Side
08. SNOWMAN
09. Makin' Magic
10. LITTLE GIANT

■<中津川THE SOLAR BUDOKAN 2022>

日程:2022年9月23日(金・祝) 、24日(土)、25日(日)
会場:岐阜県中津川公園内特設ステージ

この記事をツイート

この記事の関連情報