【速レポ】<中津川ソーラー>DAY2、OAUと愉快な仲間たちの宴「THE SOLAR BUDOKANが戻ってきたね」

ツイート

暑さが和らいで気持ちのいい風がそよぐRESPECT STAGEに登場したのは、OAU。まずRONZI(Dr)とKAKUEI(Percussions)のふたりがリズムを生み出して会場の温度を上げていくと、MAKOTO(Contrabass)、KOHKI(Acoustic Guitar)、TOSHI-LOW(Vo,Acoustic Guitar)、MARTIN(Vo,Violin,Acoustic Guitar)が揃い、「Old Road」をエモーショナルに奏でていく。夕方の色味を帯びてどこか切なさもにじむ時間帯と、たっぷりと遊んで少し日焼けをした観客や子どもたちがいるこの丘の光景と、哀愁感と高揚感とが入り混じってボリュームをあげるアンサンブルがピタリとはまる。共に過ごしている時間の濃さを体感して、観客は歓喜の拍手を送る。

◆OAU 画像




続く「こころの花」では、TOSHI-LOWが《そびえる山の前で 夏の海の横で》という冒頭の歌を、《そびえる山の前で 秋の中津川で》と替えて歌い出す。ステージの後方に見える山々と澄んだ秋の空、そこをバイオリンとアコースティックギターの旋律が縁取る。柔らかに空気に溶けていく歌心が心地いいはじまりだ。




「THE SOLAR BUDOKANが戻ってきたね」とTOSHI-LOWは語る。そしてステージ袖でうずうずとしている姿が見えたのだろう、「奥田民生!」と言って呼び込んだのは、もちろん佐藤タイジ。「髪型似てるけどね。いい演奏してるよ」と笑顔で登場したこのミスター・ソーラーとともにプレイしたのは「Americana」。佐藤が加わったトリプルギターで編み上げていく万華鏡的なギターサウンドと、どっしりと重みのあるビートとベース、深みあるMARTINのボーカルによる重奏感は迫力満点だ。互いの呼吸でアンサンブルのテンポを自由に操り、ラストは佐藤のギターとバイオリンとが熱い咆哮でぶつかり合う。スリリングなセッションの醍醐味に、観客の手が上がり、また演奏に誘われるようにステージ袖からうじきつよしと辻コースケがタンバリンやマラカスを手にセッションに加わって、ステージは賑やかだ。白熱しながらも、自由な空気感が流れ、演者も観客も自然に笑みが溢れる。これぞフェスという空間で、佐藤は「最高!」と声をあげる。


佐藤タイジとのセッションとしてはこの「Americana」だけだったが、続く「Peach Melba」でも佐藤はステージ上で楽しそうにダンス。再びうじきと辻もお囃子的に加わって、さらにはステージ袖にいた奥田民生も引っ張り込んでいつの間にか大所帯なステージになっている。そこに続いた「Again」は哀愁感に、賑やかなステージのボルテージが加わってピースフルに響いた。


後半もまたゲストを加え、TRI4THから織田祐亮(Tp)と藤田淳之介(Sax)、そして「もうひとりいる? こういうパーティには必要か」(TOSHI-LOW)とLOW IQ 01がサックスで登場。いずれもアグレッシヴなプレイヤーであるホーン隊を迎えて高らかに「Making Time」を奏でる。バンドのグルーヴを華やかに、晴れやかに彩るホーンで、とくにLOW IQ 01はパンキッシュなアクセントをつけていくパフォーマンスで、観客の興奮も上昇一方。まだ大きな声を出したり、共に歌うことはできないけれど、熱いセッションに思わず声も上がる。



曲の終わりにMARTINが「最高!」と叫び、「もう1曲、そのままいこう」と演奏したのは、TOSHI-LOWが主催のひとりである<New Acoustic Camp 2022>のテーマ曲として9月にリリースされたばかりの「Time’s a River」。TRI4THのふたりとともに、宴の時間、楽しい時間を観客の心とこの中津川に刻み付けるように演奏する。舞台袖の佐藤タイジに向かって、「ニューアコだけが楽しいと思ったけど、ソーラーも楽しいね」なんて言いながら、TOSHI-LOWは誰よりも楽しそうだ。



ラストの「帰り道」の頃には、夕日の色合いも濃くなってきて一段と、懐かしさと甘美さと、切なさとが混じり合う。KAKUEIによるティンホイッスルがさらに郷愁を誘い、再び加わったTRI4THの織田、藤田と共に、叙情的な歌を紡いでいく。アンセミックに盛り上げ、また繊細に情緒に訴えと観客の心をがっちりとつかんでいったOAU。TOSHI-LOWは「OAUと愉快な仲間たちでした、ありがとう」と、THE SOLAR BUDOKANだからこそのステージを締めくくった。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎俵 和彦

【RESPECT STAGE】セットリスト

1. Old Road
2. こころの花
3. Americana w/佐藤タイジ
4. Peach Melba
5. Again
6. Making Time w/ LOW IQ 01, TRI4TH
7. Time's a River w/TRI4TH
8. 帰り道 w/TRI4TH

■<中津川THE SOLAR BUDOKAN 2022>

日程:2022年9月23日(金・祝) 、24日(土)、25日(日)
会場:岐阜県中津川公園内特設ステージ

この記事をツイート

この記事の関連情報