ゴーストのパパ・エメリトゥス4世、始球式に登板

ツイート

ゴーストのパパ・エメリトゥス4世(トビアス・フォージ)が、木曜日(9月22日)、シカゴのギャランティード・レート・フィールドで開かれた米大リーグのシカゴ・ホワイトソックス対クリーブランド・ガーディアンズの試合で、始球式に登板した。

◆関連動画、画像

彼はパパ・エメリトゥス4世のメイキャップで、胸にシカゴ・ホワイトソックスのロゴ、背部に『PAPA IV』と入った背番号4のユニフォームを着て、バットを担ぎマウンドに現れた。ゾーンから外れたものの、ノーバウンド投球を披露した。

この日はゴーストの北米ツアー中のオフ日で、約1ヶ月にわたり開かれたツアーは翌日(23日)、最終日を迎えた。

ゴーストは、2019年にリリースした「Mary On A Cross」がTikTokで人気に火がつき、今週、全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)の90位につけた。アルバムは3作『Meliora』(2015年 8位)、『Prequelle』(2018年 3位)、『IMPERA』(2022年 2位)がトップ10入りしているが、Hot 100でチャート・インするのは初めてだった。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報