エルトン・ジョン、米大統領からの勲章授与のサプライズに涙

ツイート

エルトン・ジョンが9月23日、米ホワイトハウスでスペシャル・パフォーマンスを行い、事前に知らされていなかった勲章授与に涙した。

◆エルトン・ジョン画像

教師、ファースト・レスポンダー、退役軍人、LGBTQの権利を訴える人々らを招き開かれたこのイベント<A Night When Hope And History Rhyme>でエルトンがプレイすることは今月中旬に公表されていたが、ナショナル・ヒューマニティー・メダル授与という形でエルトンの功績が称えられることは内密にされていた。

エルトンはこの日、「Your Song」や「Tiny Dancer」「Rocket Man」「Don’t Let The Sun Go Down On Me」「Crocodile Rock」「I’m Still Standing」をプレイ。イベントの最後で、ジョー・バイデン大統領からその音楽が持つパワー、行動力や慈善活動などに対する称賛の言葉が贈られ、メダルが授与されると、感極まり涙をこらえる様子を見せた。

その後、エルトンはイベントで撮られた写真をインスタグラムに投稿し、「今夜、音楽への貢献、そしてエイズを終わらせようとする僕の努力が認められ、大統領からナショナル・ヒューマニティー・メダルが授与されたことを、とても光栄で有難く思っている。過去30年にわたり、僕らは1億もの人々にHIVとエイズの検査、治療を提供してきた。手を差し伸べなくてはらない脆弱なコミュニティはまだまだある。取り残される人がいてはいけないという僕らのミッションにこれまで参加、支援してくれたみんなに感謝する」とコメントしている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報