ロバート・トゥルヒーヨが選ぶ「メタリカの音楽を紹介するのに最適な一曲」

ツイート
Photo by Anton Corbijn

「メタリカの音楽を知らない人にメタリカを紹介するのに最適な曲は?」と問われたら、「Master Of Puppets」や「Enter Sandman」「One」など彼らの代表曲を挙げる人は多いだろうが、ロバート・トゥルヒーヨは、自身の加入前に制作されたサード・アルバム『Master Of Puppets』(1986年)に収録された「Disposable Heroes」をお薦めするという。

◆メタリカ画像

難しい質問かと思いきや、トゥルヒーヨは「俺には簡単だ」と『Revolver』誌のインタビューで答えた。「アルバム『Master Of Puppets』から“Disposable Heroes”だ。理由は、様々な点で……特にメタル的に、あれには俺が“パワー・グルーヴ”と呼ぶ完璧なバランスがある。バンドに加入する前から俺はあの曲が好きだった。スイサイダル・テンデンシーズのツアーに備えるため、俺はよくサンタモニカの山でランニングしてたんだ。俺にやる気を起こさせるカセットテープが3、4本あった。1本は『Master Of Puppets』で、(スレイヤーの)『Reign In Blood』や(メタリカのセカンド)『Ride The Lightning』もそうだった。そうやって、俺は『Master Of Puppets』を分析、発見したんだ」

「“Disposable Heroes”には、ヘッドバンギング・タイプのファンキー・ゾーンみたいなグルーヴがある。スレイヤーのいくつかの曲にもそういうものがある。でも同時にギアが推移し、スピード感がある。すごく良く作られていて、全てが凝縮されている。いつだって、俺が大好きなメタリカの名曲の一つだ。ディープ・カットって呼んでる人たちがいるのを知ってる。でも、俺にとっては“Disposable Heroes”は全力のメタリカ・ソングだ。何もかも詰め込まれているからね」




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報