チャド・クルーガー、パンテラの再結成「反対のファンもどうせ観に行く」

ツイート

パンテラの再結成には賛否両論あるが、バンドのファンであるニッケルバックのチャド・クルーガーは、ライヴが観られるのを楽しみにしているそうだ。

『The LA Lloyd Podcast』にゲスト出演した彼は、「俺はあれらの曲がライヴ・パフォーマンスされるところを見たい。そして叫びたい」と話した。「パンテラのアルバムを聴くと、終わりについても考えるだろ。バンドが解散して何年経つか覚えてないけど、“ああ、これらの曲をライヴで聴くことはもうないんだな”って思ってたわけだ。悲しかったね」

「俺はザック(・ワイルド)とチャーリー(・ベナンテ)が大好きだ。素晴らしい奴らだよ。彼らがプレイし……フィル(・アンセルモ)がキメるんだ。フィルが企画したんなら、素晴らしいものになるはずだ。全てのファンが気に入ると思うよ」「(リユニオンが)気に入らないって思ってる人も、近くで公演があるって知ると……ニッケルバックが嫌いな人たちと同じだ。公演に来るんだよ。変だろ、ショッカーだ! “俺はあいつらが嫌いだ。サイテーだ”って言っておきながら、“コンサート行くのか?”って訊かれれば“もちろん”って言うんだよ」

ニッケルバックはダイムバッグ・ダレルが亡くなった翌年(2005年)、「Side Of A Bullet」という彼に捧げる曲を発表していた。

フィル・アンセルモ、レックス・ブラウン、ザック・ワイルド、チャーリー・ベナンテのラインナップで再結成されるパンテラは、12月にメキシコや南米のフェスティバルに出演する。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報