フィル・コリンズの息子、マイク・アンド・ザ・メカニックスのツアーにドラマーとして参加

ツイート

マイク・アンド・ザ・メカニックスは、2023年にUKとヨーロッパで予定しているツアーにドラマーのゲイリー・ウォリスが参加できないため、フィル・コリンズの息子ニックが代理を務めると告知した、

◆マイク・アンド・ザ・メカニックス画像

ニックは10代のときに父が行ったソロ・ツアーでドラムをプレイし、その腕前が評価され、ジェネシスのツアー(2021~2022年)にも参加した。ジェネシスの公演で一緒にプレイしてきたマイク・ラザフォードにとって当然の人選だったのだろう。

ラザフォードは、「ニックがこのツアーに参加してくれるのを僕らはとても嬉しく思っている。彼はこの5年間、万能で素晴らしいドラマーであることを証明してきた。だから、彼が来年のツアーに参加してくれるのは真に楽しみだ」と、ニックは「ワクワクしている! この数年、マイクとプレイしてきたのは本当に特別なものだったから、メカニックスのメンバーたちを交え、彼と共演し続けられるなんて興奮する。30年以上このバンドにいるゲイリー・ウォリスの代理を務めるのを光栄に思っている。またもや大役過ぎるけど!」と、コメントしている。

ウォリスがツアーに参加しない理由は説明されていないが、バンドを脱退したわけではないという。マイク・アンド・ザ・メカニックスのUK/ヨーロッパ・ツアーは2023年4月から6月まで開催される。

ジェネシスのトニー・バンクスは以前、ニックについて「フィルが(彼のソロ・ツアーで)ニックを使うって聞いたとき、馬鹿げたことをするものだと思った。ニックはまだ16歳だった。でも、彼は素晴らしい、本物だって報道が出始め、ロンドン公演を観たとき、ニックは本当に凄いって思った」と、称賛していた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報