<MUTEK.JP 2022>、池田亮司が10年振りの最新ALからオーディオビジュアルコンサート&スグウェン・チャンが生体模倣ロボット工学を探求した作品プレミア公開など

ツイート

今年で7年目を迎える電子音楽とデジタルアートの祭典<MUTEK.JP>が2022年12月7日(水)~11日(日)の5日間、東京・渋谷を舞台に「LINECUBESHIBUYA(渋谷公会堂)」「渋谷ストリームホール」「SpotifyO-EAST」で開催されることが決定した。

◆<MUTEK.JP 2022> 関連画像


池田亮司が10年振りの最新アルバム『ultratronics』からのオーディオビジュアルコンサート。中国系カナダ人アーティスト、スグウェン・チャンが、植物と機械の共自然性と、生体模倣ロボット工学を探求した作品「Flora Rearing Agricultural Network(F.R.A.N.)」のライブパフォーマンスをプレミア公開。また人工知能と創造性に焦点をあてたプログラム、実験的で多角的なアプローチによるサウンドと没入体験型アートに焦点を当てたオーディオビジュアル、ドイツ実験音響の最高峰レーベル“Raster”ショーケース。


さらにロンドン在住の日本人歌手・実験的ボーカルパフォーマーのHatis Noit(ハチスノイト)が各メディアで高い評価を得た最新アルバム『Aura』のライブセットをビジュアルアーティストYuma Kishiとのコラボレーションで日本初披露。最新作『Garden Gaia』で有機的で芳醇なリズミカル・アンビエント・サウンドを届けたドイツ人プロデューサーPanthadu Prince待望の初来日公演……新鋭気鋭なアーティストが一堂に会し、新しい発想と表現を追求するサウンド/デジタルアート/オーディオビジュアルライブ/メディア芸術など、革新的コンテンツプログラムを届ける。

<MUTEK.JP 2022>

2022年12月7日(水)〜11日(日)
LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
渋谷ストリームホール
SpotifyO-EAST

■料金
:パスポート早割(9月28日~10月31日)15,000円
パスポート前売(11月1日~12月5日)18,000円
※パスポートでは以下の全ての公演にご入場いただけます。
・12月7日(水)[A/Visions]LINECUBESHIBUYA(渋谷公会堂)
・12月8日(木)[Play1]渋谷ストリームホール
・12月9日(金)[Play2]渋谷ストリームホール
・12月10日(土)[Nocturne1]SpotifyO-EAST
・12月11日(日)[Nocturne2]SpotifyO-EAST
■チケット購入:
https://tokyo.mutek.org/jp/tickets

■主催:
一般社団法人MUTEK Japan
文化庁委託事業「令和4年度戦略的芸術文化創造推進事業」

◆<MUTEK.JP 2022> オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報