ローランド、スリムでスタイリッシュなデザインとクラシックなデザインのデジタルピアノ2機種発売

ツイート

▲『F107』

ローランドが、スリムなデザインで部屋に調和するスタイリッシュなデジタルピアノ『F107』と、クラシックなピアノらしいデザインで、ピアノ初心者にも適したデジタルピアノ『RP107』を10月28日に発売する。


▲『RP107』

『F107』『RP107』は、エントリークラスの機種でありながら、どちらも上位モデルにも搭載している本格的な「スーパーナチュラル・ピアノ音源」と鍵盤を搭載。また、Bluetooth機能でスマートフォンやタブレットとピアノを接続し、オリジナル無料アプリ「Roland Piano App」を使えば、デジタルならではの楽しさがさらに広がる。カラーは、『F107』と『RP107』ともにシックなブラック。

『F107』『RP107』は、プロのミュージシャンからも高い評価を得ているローランドの「スーパーナチュラル・ピアノ音源」を搭載。アコースティック・グランドピアノならではの音の響きを忠実に再現している。無段階の音色変化や自然な減衰音が特長で、繊細な表現から迫力のあるダイナミックな表現まで、思い通りの演奏を実現。また、設計にこだわった鍵盤とペダルは、音源による表現力と相まって、グランドピアノの弾き心地を実現。88鍵盤の「PHA-4(プログレッシブ・ハンマー・アクション4)スタンダード鍵盤」は、弱音時のクリック感と白鍵に象牙調の質感を備えた、繊細なタッチにも応えてくれる鍵盤。グランドピアノと同様のダンパー・ソフト・ソステヌートの3本ペダルは、ハーフ・ペダルなど豊かな表現をつけるための高度なペダリングにも対応している。



Bluetoothオーディオ/MIDI機能を搭載しており、ピアノとスマートフォン/タブレットなどモバイル端末をワイヤレス接続可能。ピアノ本体のスピーカーから好きな音楽やレッスン・コンテンツを流して一緒にピアノを演奏したり、Bluetooth MIDI対応の音楽アプリを使用して作曲を楽しむこともできる。


練習に役立つデジタルならではの機能も充実。録音機能は、ピアノ本体に自分の演奏を録音して後から聞き返すことができる。鍵盤を2つの同じ音域に分ける「ツイン・ピアノ」機能を使うと、家族や友人と一緒に演奏を楽しめる。さらに、ヘッドホン用端子が2つあるので、2人同時にヘッドホンを装着しながら、夜でも静かに演奏できる。


『F107』『RP107』は、ローランドのオリジナル無料アプリ「Roland Piano App」(iOS/Android対応、2022年8月公開)に対応。音色の選択やメトロノーム設定、録音など、デジタルならではの機能をモバイル端末の画面上でリモコンのように操作して使用することが可能。さらに、1日にどのくらい練習したかが分かる「タイムライン」、音当てゲームができる「フラッシュ・カード」、鍵盤を弾くだけで和音を認識しリアルタイムで多彩なジャンルの伴奏をつけることができる「伴奏機能」、さまざまなピアノ曲を1週間程度でマスターできる「One Week Master」など、楽しく練習を続けるためのさまざまな機能がある。このアプリでは、『F107』や『RP107』の内蔵曲をモバイル端末の画面に譜面表示することも可能。さらに、電子楽器を楽しむコンテンツを提供する「Roland Cloud」の有料メンバーシップに加入すると、300以上の楽曲/譜面を入手、譜面表示できる。





製品情報

『F107』(蓋を開けたとき)
外形寸法:1,360(幅)×345(奥行)×910(高さ)mm
※転倒防止金具を含む
質量  :34.5kg

『RP107』(譜面立てを含む)
外形寸法:1,378(幅)×410(奥行)×982(高さ)mm
質量  :37.0kg
この記事をツイート

この記事の関連情報