スリップノットのショーン・クラハン「子供の死を乗り越えることなどできない」

ツイート
Photo by JONATHAN WEINER

スリップノットのショーン・クラハンが、英国の新聞『The Independent』のインタビューで娘の死について触れた。彼の娘ガブリエルさんは2019年5月に急逝した。まだ22歳だった。

クラハンは、子供を喪い、「俺はいま、真の心の闇というものを知っている」と語ったという。「それまで俺が邪悪だと思っていたもの、俺のそれまでの問題は全て、いま俺と妻が歩んでいる道に比べたら何てことはなかった」「俺は、誰もこの道に来てほしくない。誰も招待したくない。この道について教えることもしたくない。ちきしょう、俺はこんな道があるなんて知らなかった。でも、俺はいまそこにいる」

「子供の死を乗り越えることなんてできない。俺が言えるのはそれだけだ。君を変えてしまう」

クラハンはガブリエルさんが亡くなった翌日、「心が引き裂かれ、最も深い悲しみにある中、俺の末の娘、ガブリエルが昨日──2019年5月18日土曜日、亡くなったことをみんなに伝えなくてはならない。彼女は22歳だった。葬儀の手配はこれからだ。どうか、家族と俺のプライバシーを尊重してほしい」との声明を出していた。

クラハンと妻Chantelさんの間には娘2人と息子2人がおり、ガブリエルさんは3番目の子供だった。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報