映画『007』シリーズの音楽に焦点を当てたドキュメンタリー『サウンド・オブ・007』予告編公開

ツイート

映画『007』シリーズの60周年を記念して“ジェームズ・ボンドの日”である10月5日からPrime Videoで世界配信される、007の音楽に焦点を当てたドキュメンタリー『サウンド・オブ・007(原題:The Sound Of 007)』の予告編が公開された。

◆『サウンド・オブ・007』動画

『サウンド・オブ・007』では、ビリー・アイリッシュやシーナ・イーストン、ルル、ガービッジ、デュラン・デュランのメンバー、ハンス・ジマーら、歴代のテーマ・ソングや音楽を制作したアーティストをはじめ、ダニエル・クレイグ、ラミ・マレックら映画の出演者、プロデューサーたちのインタビュー、レコーディング映像などを交えてシリーズの音楽制作の裏側に迫る。マット・ホワイトクロスが監督した。

プロデューサーのバーバラ・ブロッコリは最近、『Entertainment Weekly』のインタビューでこのドキュメンタリーについて語る中で、『007/慰めの報酬』(2008年公開)のテーマ・ソングを依頼したものの実現しなかったエイミー・ワインハウスについて触れた。「あれは、とても痛ましいミーティングだった。彼女は本調子ではなかったし、私は本当に彼女に同情したわ。彼女は情緒的にとてももろく、非常に深い感情を持っていたからこそ、あれほど感動的な曲が作れていたのはわかるでしょ。本当に悲惨な出来事だった。なんて偉大な才能、なんて素晴らしい声の持ち主だったことか。凄い人物だった。とても、とても悲しかった」

『007/慰めの報酬』のテーマ・ソングには、アリシア・キーズとジャック・ホワイトが制作した「Another Way To Die」が起用された。

ドキュメンタリーでは、エイミー同様に実現しなかったレディオヘッドによるテーマ・ソングについても触れているという。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報