【インタビュー】小片リサの“オハコうた”は?

ツイート

十八番(オハコ)をテーマに、アーティストの素顔と魅力に迫るTOKYO MXの音楽番組『Artist#18File』。11月はアイドルグループ「つばきファクトリー」での活動後、昨年カバーアルバムを発表しソロ活動を開始した小片リサが登場し、音楽にまつわる貴重なエピソードやオハコうたを披露する。

──小片リサさんのオハコうた。まずback numberの「水平線」を選ばれた理由を聞かせてください。

小片リサ:もともとback numberさんが大好きで、ライブもよく見に行っているんです。この前の<SCENT OF HUMOR TOUR 2022>というツアーにも行ったんですが、その時に、曲にまつわるエピソードをお話しされているのを聞いてすごく感動しました。改めて歌詞を読み直し、自分の考えだけに固執せず周りのことも気に掛け、いろんなことを大切にしていこうという気持ちになりました。すごく刺さるものがあったので、自分でもぜひこの歌を歌ってみたいなと思って選びました。

──この曲を歌うのは初めてですか?

小片リサ:はい。でもカラオケではいつも歌っています。同世代の子たちにもback numberさんの曲は人気なので、一緒に行くと盛り上がりますね。こうやってテレビで歌うのは初めてなので、今はちょっと緊張していますけど(笑)。

──歌い手として惹かれる、この曲の魅力はどういうところですか?

小片リサ:どの楽曲にも当てはまることではありますが、アクセントをつけたりビブラートをかけたりっていう細かい技術よりも、歌詞をストレートに、ひと言ひと言しっかり伝えることを大切にされているところかなと私は思います。とても大事なことだなと思うので見習いたいポイントでもありますし、今回もそこを意識して歌いたいなと思っています。

──次に、ご自身のアルバムでもカバーされていた斉藤和義さんの「歌うたいのバラッド」についてはどうですか?

小片リサ:カバーアルバムを作るにあたって、唯一私からこの曲が歌いたいとお願いした曲なんです。いつもの私とは違った雰囲気をお見せできたらなと思い、あえて男性の楽曲に挑戦。自分も歌を歌う身としてこういう風に思いを伝えていきたいし、私もソロとして歌を歌っていくんだ!という気持ちを伝えられる歌詞だなと思い、今回歌わせていただこうと思いました。原曲とはアレンジがガラッと変わっているんですが、斉藤和義さんが普段歌っていらっしゃるような雰囲気も残しつつ、優しいメロディーの中にも力強さを持って歌おうと思っています。

──普段、カバーをするにあたって大事にされていることはありますか?

小片リサ:まずはモノマネから入ります。歌詞カードを用意して、ご本人がどう歌っているのか──アクセントをどこでつけるのか、ビブラートの位置、ファルセットになる瞬間などを細かく書き込んでモノマネをしてから、自分流にアレンジをしています。リスペクトの気持ちを持ちつつ自分の解釈で、そして、自分は優しく歌うのが得意なのでそこは自分の強みを出しながら、本家に近い感じも伝わるように歌うことを心がけています。

──では最後に、10月26日にリリースされた1stEP「どっち」について聞かせてください。

小片リサ:いわゆる「どっちにするか」という選択の歌のように思われがちなんですが、歌詞を見ると歌い出しが「最後」ではなく「最期」になっていたりして、ちょっと重いテーマでもあるんですよね。人生の中で選択してきたいろんなことを振り返るんですが、何をどう選択したとしても今に繋がっている。今を生きていてよかったなって感じてもらえたらという思いが込められています。でもあまり重々しくならないように、爽やかなメロディーに軽やかな声を乗せて、世界観を表現してみました。


▲1stEP「どっち」

──MVでは、一人二役に挑戦されていましたね。

小片リサ:はい。同じ小片リサではあるけど、別世界に存在している別人という設定なんです。昼間は優しく柔らかい表情、夜はドレスで少しキリッとした表情にして、若干ではありますが笑顔の中にもいろいろなパターンを作れるよう意識して撮影に挑みました。とても見応えのある映像になっていると思いますし、私自身1作目でこんなに素晴らしい作品を作ってもらえて本当に嬉しかったです。



──「どっち」を歌唱される回も楽しみにしています。

小片リサ:ありがとうございます。私は常に歌詞をしっかり皆さんに伝えたいと思っているので、歌うでも喋るでもない、その中間を意識して歌うようにしています。日常を振り返ってみるといろんなことがあると思うけど、だから今があるんだよなって前向きに捉えて生活していってほしいと思うので、この曲を聴いて、少しでも明るい気持ちになっていただけたらと思っています。

取材・文:山田邦子

TOKYO MX『Artist#18File』

TOKYO MX 
毎週火曜 21:54~ (再放送:毎週火曜 25:00~ 毎週日曜11:55~)
※スマートフォン用アプリ/Webサイト「エムキャス」(https://mcas.jp/)で同時配信

福井放送
毎週木曜 24:54~
※時間変更の場合あり

テレビ金沢
毎週金曜 25:59~
※時間変更の場合あり

11月ゲストアーティスト:小片リサ

リリース情報

1st EPシングル「どっち」
2022.10.26 Release
1.どっち
2.Kitty
3.じらして愛して
4.Oh, Sunny Days !
EPCE-7707【初回生産限定盤A】CD+BD ¥2,100( 税込価格¥2,310)
「どっち」「じらして愛して」のミュージックビデオ、メイキング映像を収録したBlu-ray 付き
EPCE-7709【初回生産限定盤B】CD+BD ¥2,100( 税込価格¥2,310)
「Kitty」「Oh, Sunny Days !」のミュージックビデオ、メイキング映像を収録したBlu-ray 付き
EPCE-7711【通常盤A】CD ¥1,273( 税込価格¥1,400) トレーディングカード4 種よりランダムにて1 枚封入
EPCE-7712【通常盤B】CD ¥1,273( 税込価格¥1,400) トレーディングカード4 種よりランダムにて1 枚封入
この記事をツイート

この記事の関連情報