望月琉叶、5人のボカロPと5ヵ月連続配信。第1弾はjon-YAKITORYプロデュース「MONSTER」

ツイート


歌手、グラビアアイドルとして活躍する望月琉叶が、5人の有名ボカロPとタッグを組んで5ヵ月連続で新曲を配信リリースすることが決定した。

◆第1弾シングル「MONSTER」画像

同プロジェクトの幕開けとなる第1弾シングル「MONSTER」は、バイラルヒットした「シカバネーゼ (feat.Ado」で有名なボカロP、jon-YAKITORYによって書き下ろされ10月15日に配信リリースされる。人の心に潜む“バケモノ”のような感情に悩み苦しむ姿を描いた攻撃的でエモーショナルなサウンドに仕上がっているとのことだ。また、リリース日である10月15日には、さいたまスーパーアリーナで開催されるニコニコ最大のライブイベント<超パーティー2022>に出演することも決定している。

▲jon-YAKITORY

第2弾以降のボカロPは今後順次発表される予定だが、今注目のボカロPが既に決定しているとのことなので、注目しよう。望月は学生時代から「演歌」と「ボカロ」に興味があり、歌手になる夢を持ち続けてきたという。デビュー前には多くのボカロファンが集まるニコニコ超会議にスタッフとして参加した経験もある。アイドルグループ加入後にアシスタントとして参加したニコニコ超会議では、飛び入り参加で石川さゆりの「天城越え」を披露、その歌唱力が評判となり演歌歌手としてデビューするきっかけになった。2020年に演歌歌手としてデビュー後は、デビュー曲から2作連続で「オリコン週間演歌・歌謡シングルランキング」1位を獲得し、昨年末は「第63回輝く!日本レコード大賞」新人賞も受賞した。演歌歌手として順調なスタートを切り一つの夢を叶えたが、ボカロPと音楽を作りたいというもう一つの夢をどうしても叶えたかった望月はそのことをスタッフに打ち明けると、ニコニコ超会議を主催するドワンゴが全面バックアップする形で5人のボカロPとのコラボレーションが実現。この企画について望月は「今でも夢ではないかなと思う」と話す。

  ◆  ◆  ◆

【望月琉叶コメント】
私が子供のころから興味を持ちずっと聞いてきたボカロ。
学生の時色んな事があったときにボカロと演歌を聞いて心を落ち着かせることが多々ありました。
カラオケボックスに一人で行き演歌とボカロを交互に歌いながら嫌なことを忘れていました。
ボカロ音楽が好きで、ニコニコ超会議のイベントスタッフをしていた時期もあります。アイドルグループに加入後は歌ってみたステージでアシスタントをさせていただきました。
私の中でだんだん子供のころに親しんできたボカロに近づいてる感覚がありました。
去年、日本レコード大賞の新人賞をいただいた後に、「ボカロPと一緒に音楽を発表したい」と言った私の一言が、まさかこんなコラボにつながるなんて思ってもいませんでした。
今をときめく5人のボカロPとコラボし5か月連続リリース。
今でも夢では無いかなと思っています。
この5曲が、私の学生の時と同じような悩みを持ってる人、音楽、歌が好きな人達に聞いてもらえたら嬉しいです。この5か月が楽しみです。

望月琉叶

  ◆  ◆  ◆

第1弾配信シングル「MONSTER」


2022年10月15日リリース
作詞・作曲・編曲:jon YAKITORY
COKM-44019
各配信サイトにてストリーミング&ダウンロード

この記事をツイート

この記事の関連情報