ロブ・ハルフォード、パンテラの再結成パフォーマンス「ヘッドバンギングしながら観る」

ツイート

ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードは、賛否両論あるパンテラの再結成を歓迎しているそうだ。12月、新ラインナップによる初のパフォーマンスが披露されるメキシコの<Hell and Heaven Open Air>にはジューダス・プリーストも出演するため、ハルフォードはステージ横からそれを楽しむ予定だという。

◆ロブ・ハルフォード動画

ハルフォードは『Cutter's Rockcast』のインタビューで、「パンテラ、素晴らしいことになるに決まってる」と話した。「(ザック・ワイルドとチャーリー・ベナンテは)正しい人選だ。チャーリーとザックがパンテラについてどんな想いを抱いているか、彼らの技量を知っていれば……彼らはあれらの曲を正当に扱う。これは重要なことだ。フィル(・アンセルモ)の声はパンテラの声だし、レックス(・ブラウン)のやってることも同じように重要だ。だから、俺らがみんな、熱狂できるこの特別なモーメントを愛そうじゃないか」

「俺は、ザックが(“Walk”のリフを)かき鳴らすのを聴くのが待ち切れない。俺はステージの横から観る。俺は狂ったようにヘッドバンギングするよ。彼らと同じように俺も嬉しいよ」

パンテラは12月、メキシコの<Hell and Heaven Open Air>や<Monterrey Metal Fest>、南米3カ国で開催されるスリップノット主催の<KNOTFEST>に出演する。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報