『マガツノート』Season:2始動。新コラボアーティストにluz

ツイート

近未来戦国を舞台にしたダーク楽曲メディアミックスプロジェクト『マガツノート』にて、本編ラジオドラマの続編となる「マガツノート Season:2」の制作が決定した。

「マガツノート Season:2」では、登場する武将達の立場や関係性が大きく揺れ動き、政宗(CV:峯田大夢)らを翻弄する個性豊かなキャラクターを擁した新たな陣営も登場予定となっている。ボイスドラマはOBCラジオ大阪×ミクチャ「サクラバシ919」の水曜コーナー内にて毎週24時過ぎから放送、翌週木曜日の21時からYouTubeにてプレミア公開される。放送開始時期など詳細は、公式Twitterにて告知予定だ。

さらに、これまでに公開した全コラボ楽曲を収録した『マガツノート』初のアルバム『魂響』の発売が2023年1月下旬に決定。サブスクリプションサービスで配信中の5陣営のイメージソング「DRAMA ver.」に加え、各武将の声優のみでコラボ楽曲を歌唱する「CHARACTER ver.」を新たに収録し、2パターンの歌唱を楽しめる作品になる。

アルバムは「魂響盤」と「戦盤」2形態での発売を予定しており、それぞれ異なる陣営のドラマトラックが収録される。「戦盤」のジャケットは「戦シーズン 壱st Battle 『桜華狂騒』」の投票企画で勝利した陣営への勝利報酬である“カズキヨネ描き下ろしの新規イラスト”が使用され、「戦シーズン」のコラボ楽曲2曲も限定収録される。「魂響盤」のジャケットイラストもカズキヨネ描き下ろしの新規イラストを使用予定だ。本日10月16日20時より、マガツノートオフィシャルストアで予約受付も開始している。


なお、10月16日18時より配信された生放送の公開収録イベント<マガツノ集会 出張版 ~桜華狂騒 最終合戦~>にて、「戦シーズン」投票企画の最終投票が行われ、3ヶ月にわたる戦いの結果「光秀・家康連合軍」の勝利が決定した。

また、悪魔との契約斡旋を行う企業「DD」の創始者にして総支配人である謎の男・メフィスト(CV:森久保祥太郎)のキャラクタービジュアルを初公開するとともに、コラボアーティストとしてluzの起用と、新コラボ楽曲「Doll in Doom」の制作も発表。「Doll in Doom」はluzがメフィストをイメージして書き下ろした新曲で、ミュージックビデオや楽曲の詳細は近日公開予定だ。


luzは「「Doll in Doom」はメフィストの表と裏の部分をイメージして制作した楽曲です。メフィストは、マガツノートの作品の中でも特別な存在だと思うので、マガツノートの世界観を壊さないよう、特に意識して制作しました。悪魔側ならではの堕ちていく快楽をお楽しみ頂けたらなと思います」とコメントしている。


なお、『マガツノート』では11月5日、6日に池袋のサンシャインシティにて開催される<アニメイトガールズフェスティバル2022>にてスペシャルステージを開催する予定だ。本イベントで販売される新グッズの情報も公開されている。

マガツノート1stフルアルバム『魂響』

2023年1月下旬発売予定

【魂響盤】5,500円(税込)
・ボイスドラマトラック:ARK監査局・ARK医療局・第六天魔王軍
・フィルムチェキ ※13種よりランダム封入
・応募券 ※詳細は後日公開

【戦盤】5,500円(税込)
・ボイスドラマトラック:MAD FANG・蛇-ウロボロス-
・フィルムチェキ ※13種よりランダム封入
・応募券 ※詳細は後日公開
・戦盤限定収録曲:「GOLD」「闇と桜」

◆オフィシャルストア購入特典
丸缶バッジ / 魂響盤ジャケ写 ver. 1点(5種よりランダム封入)
※その他の店舗別特典は後日公開

【オフィシャルストア限定グッズ付きセット】13,000円(税込)
・「魂響」魂響盤
・「魂響」戦盤
・ミニ屏風
・オフィシャルストア購入特典缶バッジ(5種セット)

この記事をツイート

この記事の関連情報