全英アルバム・チャート、元ビューティフル・サウスの2人が2作目の1位

ツイート

今週のUKアルバム・チャートは、ザ・ビューティフル・サウスのメンバーだったポール・ヒートンとジャクリーン・アボットが共作した『N.K-Pop』が初登場で1位を獲得した。彼らのコラボレーション・アルバムはこれで5作目。全てがトップ4圏内に入り、前作『Manchester Calling』(2020年)に次ぐ2作目の全英NO.1アルバムとなった。

◆全英チャート 関連画像、動画

2位にはUKのオルタナティヴ・ロック・バンド、イージー・ライフのセカンド『MAYBE IN ANOTHER LIFE...』が初登場。ファースト『Life’s A Beach』(2021年)と同位につけた。3位にはエド・シーランの『=』が先週の6位から再浮上した。同作は昨年10月終わりにリリースされ初登場1位を獲得して以降、50週間トップ10圏内に留まり続けている。

今週新たにトップ10入りしたのはもう1作あり、チャーリー・プースの3枚目のスタジオ・アルバム『CHARLIE』が9位につけた。



シングル・チャートは、サム・スミスとキム・ペトラスのコラボ「Unholy」が3週連続で1位に輝いた。同じく3週連続でトップ3に動きはなく、デヴィッド・ゲッタとビービー・レクサの「I’m Good (Blue)」が2位、ルイス・キャパルディの「Forget Me」が3位をキープした。新たにトップ10入りしたのは1曲のみで、アン・マリーとAitchのコラボ「PSYCHO」が先週の12位から9位へ上昇している。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報